3月号 ザ・ビデオパーク


読者ビデオ投稿コーナー「ザ・ビデオパーク」で紹介された作品を動画で公開。


◆はじめに

読者ビデオ投稿コーナー『ザ・ビデオパーク』で入選した作品をネットでも公開。審査員を務める映像・音楽プロデューサーの岡野肇氏による作品案内。
◆今月のベストマンスリー賞
『鉢伏山物語』(11分53秒)    吉野和彦さん(長野県松本市)

カメラ●キヤノンXH A1・HV20/ソニーDCR-VX2000ほか
編集●DV-7DLGほか
作品紹介●山岳展望をライフワークとする作者、登山のガイド作品とあわせて家族の記録作品も製作している。鉢伏山は作者の中でもお気に入りの地で、妻との思い出もたくさん詰まった山。アメリカに住んでいる妻と子供たちが夏休みに帰省した際にここに登り、その映像と昔の映像を絡めて彼らへの思い出をしたためた。
◆『曼珠沙華』(6分18分)   高木 茂さん(東京都西東京市)

カメラ●ソニーHVR-A1J
編集●エディウス4.5
作品紹介●初秋のとある日、駅や電車のポスターに誘われて埼玉県日高市の巾着田を訪れた作者。そこでは真っ赤な曼珠沙華や色とりどりのコスモスが迎えてくれた。秩父山地が源の清流、高麗川と曼珠沙華の2ショットなど深まりゆく秋のシーンを描きあげる。
◆『女房殿は名水が好き』(7分)   加藤眞一さん(茨城県坂東市)

カメラ●ソニーDCR-VX2000
編集●ウルトラエディット
作品紹介● ゴルフの大会が近い作者。練習のスケジュールを綿密に組む。しかし、奥さんはおいしい水にこだわっていてゴルフより水の確保のほうが優先される。自宅からははるかかなたに名水を求めて車は走る。練習が思うようにいかない作者、しかし肝心の大会は天候で中止になってしまう。
◆『豊年とれたて祭り』(7分41秒)   佐伯勝利さん(熊本県熊本市)

カメラ●ソニーHDR-HC1
編集●ベガス6
作品紹介●毎年秋に行われる熊本県の小さな集落の元気な村づくりイベント。新米のおにぎりや豚汁がふるまわれ、地区外からの人たちも舌鼓。午後からはとれたて野菜のせりや紅白の餅巻きと、盛況なイベントの一日を追う。
◆『ぐるり陸奥』(8分)   川崎君男さん(埼玉県狭山市)

カメラ●パナソニックNV-GS100
編集●プレミア6.5
作品紹介●夫婦でぶらっと出かけた陸奥旅行。今回の旅は新幹線に在来線、遊覧船、定期船と乗り物も盛りだくさん堪能。新幹線ではグリーン車を奮発。恐山やマグロ漁で有名な大間まで、本州最北の地を巡る。途中途中に旅の相棒である奥さんや作者自身のカットを入れながら、まさに「陸奥」をぐるりと廻る旅を描く。
◆『谷根千の坂道』(10分)   竹科直士さん(東京都北区)

カメラ●ソニーHDR-HC1
編集●プレミア6.5
作品紹介●東京にはたくさんの坂道がある。そのなかで谷中、根津、千駄木の坂をめぐる作者。まさに下町と呼ばれるこの一帯には古くからの歴史があり、作者のナレーションで坂の由来や歴史が紹介されていく。ちなみに富士見坂からは今もちゃんと富士山が見えるという。