5月号 ザ・ビデオパーク


2008年5月号「ザ・ビデオパーク」に掲載した作品です。
◆審査員の岡野さんの一言


◆親しい友人と散歩 晩秋編

田熊正巳さん制作
作品概要◎仲良しのたけちゃんと公園に散歩にでかけた田熊さん。仲良しだけあって二人はそっくりで違いは帽子の色だけ。二人のやり取りや1本のジュースを仲良く飲むところなどがコミカルに描かれる。
◆彦しゃん水車物語

渡辺輝子さん制作
作品概要◎阿蘇山には数多くの水源があり、ふもとではその水を利用した水車が古くから活躍してきた。現在ではほとんど使われなくなった水車だが、作品は今でも水車の力で精米などを行う大村精米所を取材。ご主人へのインタビューやお客さんの声なども織り交ぜながらむかしながらの「彦しゃん水車」の活躍が描かれる。
◆白山への道 鳩ヶ湯新道 錦秋の三の峰

安田正さん制作
作品概要◎ビデオ仲間の友人夫婦とともに秋の三の蜂への山登り。快晴にも恵まれて途中の紅葉を満喫しながらマイペースで頂上へ。そこからの360度の眺望は、登山の新たなる目標である別山や白山をも見渡せるものだった。そんな作者の野望を垣間見せる。
◆表妙義 金洞山縦走  

吉野和彦さん制作
作品紹介◎登山の安全を願いガイドのためのビデオを制作している作者。作品は中でも登山の難度の高い表妙義金洞山縦走をテーマの作品を制作。厳しい登山ルートをすべて自分撮りで登山のポイントを詳細に紹介していく
◆Email で知るアメリカ大陸横断

加藤須満子さん制作
作品紹介◎アメリカ横断の旅をしている長男から送られてくる写真とEmailだけを素材として母である作者が構成、編集した「アメリカ大陸横断記」。時折顔を出す作者の心配な様子や、地図をたどる様子が息子へのアイをかもし出している。作品が単調にならないようにPC上の地図に車のアイコンを走らせたり、実際のメールを挿入したりと工夫がこらしてある。
◆水郷の町 柳川を歩く

高木茂さん制作
作品概要◎水郷の町として名高い柳川だが、一時その水路の埋め立て話が持ち上がった。それを阻止し今の柳川の掘割を守った柳川市役所職員・広松伝氏の話や柳川に生まれし文豪・北原白秋の記念館などを散策した模様をまとめた作品
◆初秋の公園

大田一正さん制作
作品紹介◎初秋の広島平和記念公園のある1日の様子を描いた策日。公園内の様々な記念碑と紅葉の木々との折り合いが興ずる公園の妙が作者の個性とともに映し出される。さらに公園を訪れる小学生や外国人との対話や鳥たちも公園に彩を添えている