豊富なカラバリ展開の液晶ビエラ


パナソニックが液晶テレビ6機種21モデルをリリース。


l-jn090113-1-1.jpg
パナソニック
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
TH-L32X1(32V型) オープン価格(推定13万円前後) 2月1日発売
TH-L26X1(26V型) オープン価格(推定11万円前後) 2月1日発売
TH-L20X1(20V型) オープン価格(推定8万5,000円前後) 2月1日発売
TH-L17X1(17V型) オープン価格(推定7万5,000円前後) 2月1日発売
l-jn090113-2-1_2.jpg
地上デジタル/アナログ対応ハイビジョン液晶テレビ
TH-L20C1(20V型) オープン価格(推定7万5,000円前後) 2月1日発売
TH-L17C1(17V型) オープン価格(推定6万5,000円前後) 2月1日発売
液晶はXシリーズ4機種とエントリーモデルのCシリーズ2機種を発表。両シリーズ共通でIPSパネルを採用(32V型のみIPSαパネル)し、解像度は1,366×768。各サイズに3色以上のボディカラーを用意し、充実したカラーバリエーションを展開している。
高画質化を図る目的で、映像処理技術に「コントラストAI」機能を採用している。1フィールドごとに映像シーンを検出し、適切にバックライトの明るさと信号のガンマカーブなどを制御。32V型では2万対1のコントラスト(ダイナミック)を実現する。
機能面では、同時発表となったプラズマテレビ(新製品ニュース別記事参照)と同様に、写真サムネイル付きの番組表示やHDMI接続による自動節電機能が採用されている。
液晶2シリーズの違いは、スペックを見ると分かりやすい。
最も大きなところはチューナーで、Xシリーズでは地上・BS・110度CSのデジタル3波チューナーを搭載しているのに対し、Cシリーズでは地上デジタルのみ。インターフェイスでも、Xでは32/26V型でHDMIを3系統、20/17V型で2系統、Cシリーズは1系統となる。またPC入力用のD-Sub15ピンもCシリーズには搭載されていない。そのほかにもXシリーズでは「アクトビラ ビデオ・フル」に対応だが、Cシリーズは映画やTVシリーズの視聴ができない「アクトビラ ベーシック」など、いくつかの差がある。
【問い合わせ】
お客様ご相談センター0120-878-365
http://viera.jp