ソニー、秒240コマ表示の4倍速テレビ「KDL-52W5」


ソニーはソニーは1秒間に240コマ表示する機能を搭載したデジタルWチューナー搭載のWシリーズとシングルチューナーのFシリーズ、合計6機種を発表した。


KDL-52W5.jpg
ソニー
ハイビジョン液晶テレビ
KDL-52W5(52V型) オープン価格(推定45万円前後) 4月24日発売
KDL-46W5(46V型) オープン価格(推定37万円前後) 4月24日発売
KDL-40W5(40V型) オープン価格(推定29万円前後) 4月24日発売
KDL-46F5(46V型) オープン価格(推定35万円前後) 4月24日発売
KDL-40F5(40V型) オープン価格(推定27万円前後) 4月24日発売
KDL-32F5(32V型) オープン価格(推定16万円前後) 4月24日発売
————————————————————————————
 上位5機種のパネルは1,920×1,080、3,800対1のコントラストで、上下左右178度の視野角を確保する。画質回路にはブラビアエンジン3を搭載。リアルタイムに映像コンテンツを解析し、パネルの性能を引き出す。映像入力はHDMIを4系統、D5・ビデオ入力を各2系統、S端子を1系統搭載する。
 すべての機種でアクトビラ・ビデオ・フルに対応し、ネットに接続して映画やテレビ番組等の配信コンテンツを有料にて視聴できる(一部無料)。さらにリモコンにFelicaポートを搭載し、Edyカード、eLIOカード、おサイフケータイをかざして電子マネー決済が可能となった。アクトビラなどのVODサービスなどは、これまでクレジットカードでの支払いがメインだったが、支払い方法の選択肢が増えた。
【問い合わせ】
ソニーマーケティング0120-777-886
http://www.sony.jp/bravia/select/