滑らかな3D映像を実現するソニーの3Dカメラ技術がCEATECで見られる


 ソニーは、スポーツなどの動きの激しい被写体でも、自然でなめらかな3D映像を、毎秒240フレームで撮影できる単眼レンズ3Dカメラの技術を開発。光学的に左右の画像を同時に撮影できる新しい単眼レンズ3D光学系システムと、既に開発済のハイフレームレート撮影技術とを組み合わせ、毎秒240フレームによる3D撮影を実現したもの。この技術を搭載した試作品を、10月6日(火)から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2009」にて参考展示する。おってレポートしたい。


SONY_3D.jpg
▲CEATEC JAPAN2009」に展示予定の試作品
【今回開発した単眼レンズ3D光学系システム】
 右眼用と左眼用の2つのレンズを持つハーフミラーシステムでは、視差を調節することで3D映像の立体感を調整して撮影できる反面、人の眼が特に両眼画像の大きさや回転、上下のずれ、また画質の違いに敏感なため、ズーム/フォーカス操作におけるレンズの連動の際に、光軸や画像サイズ、フォーカスのずれを生じさせないような正確な操作に複雑な技術が必要だった。今回単眼レンズ化したことにより、右眼用と左眼用の2つの光学特性を持つことによって生じる光軸や画像サイズ、フォーカスずれを抑制することが可能。また、シャッターの代わりにミラーを使用したことで、リレーレンズにおける平行光領域(物体側焦点位置の点光源から広がる光が平行になる領域)で、入射光を同時に左右の画像に分離し、撮影することを実現した。
 左右に分離された画像は、それぞれのイメージセンサーで処理・記録。その結果、左右眼の撮像時刻に差が生じないことにより、動きの激しいシーンなどでも自然でなめらかな3D映像を実現している。
SONY_3D_ZU.jpg
▲単眼レンズ3D光学系システム上面図
【240フレームによる3D撮影】
 人間の眼の特性を調査した結果、毎秒240フレーム以上がボヤケやジャーキネス(パラパラと見える現象)に対して差がわかりにくいことを確認したという。
 人の眼の特性に限りなく近く、動きの激しい映像をより自然に表示できる毎秒240フレームのハイフレームレートイメージセンサーを用いたことで、3D映像の品質をさらに向上させた。