短編映画を5D Mark IIと7Dで撮り比べる


EOS MOVIEワールドに7Dが仲間入りし、これから購入を検討する者にとっては、5D Mark IIがいいのか、7Dにしたほうがいいのか? 嬉しい悩みが増えてしまった。そこで、オリジナルの短編映画『小説少女』を制作中の藍河兼一氏にこの2台を持ち込み、同じ脚本に沿って両者で撮り比べ、実際の撮影現場での違いを検証してもらった。レポートはビデオサロン2009年11月号60ページに掲載。ここでは編集された映像で、両者の違いを確認してほしい。


◆まず最初に王者5D Mark IIで撮影し、編集した映像。ちなみに元になる『小説少女』は10分程度の短編映画。撮り比べたシーンはプロローグとなるモノクロパートと、本編の冒頭のシーンとなる。

◆続いては同じシーンを7Dで撮影し、編集したバージョン。一部を除き同じレンズを使用し、絵コンテどおりの画角になるように撮影している。ロケ当日は雲の流れが早く、明るさなどの撮影条件が微妙に変化していることも付け加えておく。

どちらもEOS MOVIEらしい作品に仕上がっていると思えるが、さて、どちらを購入すべきか…参考になっただろうか?
◆短編映画『小説少女』フルバージョンは藍河兼一氏のオフィシャルサイトで近日公開予定。お楽しみに。