イメージスタジオ109、5D MarkⅡで使えるシネレンズ『Compact Primes』のレンタルを開始


イメージスタジオ109(イチマルキュー)は、デジタル一眼による映像制作のサポート業務『デジタルシューティングサポート』を行なっているが、そのサービスの一環として、カールツァイス社のシネレンズ『Compact Primes(コンパクトプライム)』セットを導入することを発表した。


◆今回、デジタルシューティングサポートに加わるセット
109_5D.jpg

▲ZEISS社Compact Primes 6本セット
(21mm/25mm/28mm/35mm/50mm/85mm)

ARRI社マットボックス+フォローフォーカスユニット

セット内容は、キヤノンEOS 5D MarkⅡでカールツァイス社のシネレンズ『Compact Primesレンズ』とマウントを『PLマウント』に改造した5D MarkⅡのボディ、ARRI社製のマットボックスとフォローフォーカス。
◆Compact Primeとは
109_5D_02.jpg
 『Compact Primes(コンパクトプライム)』とは、35mmフルサイズの撮像素子をカバーするイメージサークルを持つ単焦点シネレンズ群。すべてのレンズの筐体サイズが統一されており、フォーカス /アイリスリングの位置が一定になっている。フォーカスリングは最短〜無限遠まで270°の角度に対応し、スムースなフォーカス送りや、細かく正確なスケール指標で、メジャー計測によるピント合わせが可能になる。
 レンズはPLマウントになるので、5D MarkⅡに取り付けるにはボディのマウント部の改造が必要になるが、これを株式会社ナックイメージテクノロジーと株式会社イメージスタジオ イチマルキュウが共同開発。改造ボディのPLマウントは、構造上遊びが出ず、フォローフォーカスでピントを送ってもレンズがガタつくことはない。底部に剛性の高いフレームを装着しているため、クレーンでの遠隔操作などの際も確実に固定できる。
問い合わせ先
株式会社イメージスタジオ イチマルキュウ
ビジュアルソリューション事業本部テクニカルソリューションセンター
03-5436-2109 (TEL)
http://www.imagestudio109.co.jp/