パナソニックの1MOSモデルHDC-TM70/TM60/HS60 3機種を発売


パナソニックからハイビジョンビデオカメラの新モデル「HDC-TM70/TM60/HS60」の3機種が発表された。発売日は2月20日。価格はオープンで、想定価格はTM70が12万円前後、TM60とHS60が10万円前後。

HDC-TM70/TM60

HDC_HS60.gif

●内蔵メモリー&SD記録モデル2機種とハードディスク&SD記録モデル1機種

品番 HDC-TM70 HDC-TM60 HDC-HS60
記録メディア 96GB内蔵メモリー/SDカード(別売) 64GB内蔵メモリー/SDカード(別売) 160GB HDD/SDカード(別売)
価格 オープン(想定12万円前後) オープン(想定10万円前後) オープン(想定10万円前後)

3モデルの記録メディアと容量は上の表の通り。96GBの大容量内蔵メモリーを搭載するTM70は、最高モードのHA(1920×1080・17Mbps)で約12時間40分の撮影が可能。
●イメージセンサーがサイズアップ
1/4.1型MOSを採用し、総画素332万、動画有効211万。前モデルTM30よりサイズ、画素ともにアップした。
●超解像技術を採用した35倍ズーム/広角もワイドに
新搭載のエンジン「HDクリスタルエンジン・プロ」による超解像技術で、画質がほとんど劣化しない35倍の高倍率ズームを実現。光学ズームは25倍までで、従来の電子ズームであればそれ以上は解像度が落ちてしまうが、画像に応じた最適な画像処理を行う超解像技術によって画質劣化なしのズームが可能になった。また、前モデルHDC-TM30では44.1㎜であった最広角の画角は35.7㎜までワイドになり、より幅広い範囲を写せるようになった。
●手ブレ補正を強化し、ズーム時のブレにも強くなった
手ブレ補正もパワーアップした。ジャイロセンサーを一新して進化した手ブレ補正(POWER O.I.S)は、歩き撮り時はもちろんズーム時に目立つゆっくりしとした動きの揺れにも対応。
●個人認識機能
従来の顔認識では、被写体の人物が画面の奥や端の方にいる場合、真ん中や手前にいる人物が優先されてしまっていた。そこで新機能「個人認識」では、あらかじめ個人の顔と名前を6人まで登録でき、登録した人の顔を見つけて優先的に露出とフォーカスを合わせることができる。ひとつの画面内で3人まで表示可能。
●風音キャンセラー機能
風音キャンセラー機能を新搭載。低い周波数の音をカットする「ローカット」ではなく、マイクに集音された音の中から風雑音の成分を抽出し、逆位相の成分を生成して風音を低減する。これによって風音を低減しながら人の声や周囲の音なども残すことができる。
●記録モードと記録時間

動画記録モード 内蔵メモリー96GB(TM70) 内蔵メモリー64GB(TM60) HDD 160GB(HS60)
HA(1920×1080・17Mbps) 約12時間40分 約8時間30分 約21時間
HG(1920×1080・13Mbps 約16時間30分 約11時間 約27時間
HX(1920×1080・9Mbps) 約25時間20分 約16時間50分 約41時間30分
HE(1920×1080・5Mbps) 約41時間10分 約27時間30分 約68時間

●問い合わせ先
パナソニック お客様ご相談センター:0120-878-365
●製品ページ
http://panasonic.jp/dvc/tm70/
●過去の関連ニュース
パナソニックTM-350/TM30発売(2009年5月)
http://www.genkosha.com/vs/new_products/entry/hdctm350tm30.html