Mashup Photo‐VideoVol.6 写真の感覚を大事にしながら撮るEOS MOVIEの秘訣


コマーシャル・フォト、ビデオSALONとの共催イベント『Mashup Photo-Video』第6回のイベント詳細が決定しました。今回のテーマは『シズル』撮影。撮影機材解説などEOSムービーで撮影した美味しそうな映像の撮影秘話に迫ります。1月25日(月)18:30から銀座アップルストアで開催。入場無料で事前登録も不要ですので、ぜひお越しください。


img_produts_dslr_1d_mark4_7d.jpg
左:EOS-1D Mark IV、右:EOS 7D

講師の宮原康弘氏がEOS 7Dで撮影し、Final Cut Proで自ら編集したムービー作品。1280×720ピクセルで仕上げてある。3分4秒。※プレーヤーのボタンでフルスクリーン再生 powerd by Pixwork
日時:2010年1月25日(月)18:30〜20:00

会場アップルストア 銀座 参加無料・事前登録不要
内容
雑誌「コマーシャル・フォト」と「ビデオサロン」が主催するデジタル一眼ムービーのイベントです。
フォトグラファーがデジタル一眼ムービーを撮るなら、普段のスチル撮影のスタイルで撮りたいと思うはず。そこで、CM撮影も手がけるフォトグラファーの宮原康弘と、映像エンジニアの山本久之が、写真の感覚を大事にしながらムービーを撮る秘訣を公開します。
フォトグラファーが扱いやすい動画用の照明機材は何か、モニターの接続と動画の確認はどうすればよいか、EOS 7Dなどに搭載されている60Pハイスピード撮影機能の使いこなし、さらに最新のEOS-1D Mark IVの高感度撮影についても触れます。
出演
宮原康弘(フォトグラファー)
東京写真専門学校卒業。スタジオ77、エムアンドワイリミテッドを経て、アマナに入社。、2005年アキューブ設立。http://www.acube.jp
山本久之(映像エンジニア)
映像設備の設計・設置・導入やビデオ編集、映像技術コンサルティングなどを手がける。http://mount-q.com/
主催:ビデオサロン編集部・コマーシャル・フォト編集部