ソフトバンク、ライブ動画配信サービスUstreamに約18億円の出資を行う


 2月2日、ソフトバンクは、インターネットを利用したライブ動画の配信サービス(ビデオストリーミングサービス)を提供する、Ustream, Inc.(ユーストリーム、本社:米国カリフォルニア州)に対し、2010年1月29日に約2,000万米ドル(約18億円、出資比率13.7%)を出資したことを明らかにした。 今後2011年7月までに追加で株式を取得できるすべてのオプションを行使した場合には、合計で約7,500万米ドル(出資比率30%強)の出資になり、Ustreamの筆頭株主になる。


◆Ustreamとは
Ustreamは2007年3月に事業を開始し、PCやスマートフォンを通じて、誰でもライブ動画を配信・視聴でき、また配信された動画をいつでも視聴できるサービス。
 月間で5,000万人以上の視聴があり、メディア・コンテンツホルダーと連携した多くのプレミアムコンテンツ(映画や音楽、スポーツ関連映像など)も配信しているのが特長。
 また、TwitterやMySpaceとも連携しており、ユーザー同士が映像を見ながらコミュニケーションをとることができる。さらに、iPhoneでのUstreamアプリのダウンロード数は150万を超え、利用者数が急増中。
2010年2月2日16時30分~18時30分現在ユーストリームでソフトバンク2010年3月期 第3四半期 決算説明会の模様を生中継
ソフトバンクのホームページ
ニュースリリース
ユーストリームのホームページ