パナソニックから低価格のHDスイッチャー、AG-HMX100が登場


パナソニックは、2月15日、2010NABショーに出品する新製品を発表した。最大の驚きは、従来よりも画期的に安い、どころか同社のSDの製品よりも安いHDスイッチャー(デジタルAVミキサー)だ。


◆60万円台のHD-SDI入力HDスイッチャー
AG-HMX100_S.jpg
 AG-HMX100は、HD-SDI入力対応のHD/SDデジタル映像スイッチャーと音声ミキサ-、フレームシンクロナイザー、デジタルエフェクターの機能をひとつにパッケージした製品。これで672,000円というから驚きだ。従来のHD-SDI入力対応のスイッチャーが100万円近く(大半の製品は100万円以上)していたことからすると、画期的に安い。発売は6月の予定。
 まず入力は、HDモード時、HD-SDIが4入力、HDMIが2入力、DVI-I(PC)が1入力の最大7入力。内部処理は12ビットで4:2:2:4デジタルプロセス。放送スイッチャー同等の高画質を実現している。大型の5.7型のLCDパネルを搭載し、5列マトリックス型メニューとロータリスイッチにより、素早い設定が可能。
 WFM表示も可能なマルチビュー機能を持ち、プログラム、プレビュー、7つのソース映像にWFM表示を加えた全10画面を、一つの画面にマルチビュー表示する。
 また、秋に発売が予定されている同社製の3DカメラなどからのデュアルSDI入力のスイッチングにも対応している。
 カメラ側もHD-SDI出力端子を搭載する傾向にあるが、スイッチャー側も価格がこなれてきたことで、イベントでのマルチカメラによるハイビジョンスイッチング収録の敷居が低くなったと言えるだろう。
AG-HMX100_B.jpg
◆P2のワンスロットメモリーカードドライブ
AJ-PCD2G_mac.jpg
 これまでなかったのが不思議なのだが、P2用のUSB2.0インターフェイスのカードドライブが発表された。従来はノートPCにPCカードのドライブがあったので、そのまま差し込むことができたが、最近はPCカードドライブ搭載PCが減っている。そういったPCでも手軽にP2カードのリード・ライトを可能にする製品だ。AJ-PCD2Gで、39,375円。2010年4月発売。
 またP2カードのデータをリムーバブルのSSDに高速コピーする「モバイルストレージユニット」AG-MSU10もNABに展示する。発売は10月予定。価格は北米で2500ドルだという。
 バッテリー駆動が可能で、3.2型ワイドLCDパネルを搭載。フィールドにおいて、簡単操作で高速バックアップすることができる。またeSATAインターフェイスを装備し、PCや編集システムに高速転送が可能。
●問い合わせ先:パナソニック(株)AVCネットワークス社システム事業グループ06-6901-1161
http://panasonic.biz/sav/index.html