3月号 ビデオパーク


2010年3月号の読者投稿コーナー「ビデオパーク」に掲載した作品です。


プロモーションビデオ
『La Machine 横浜開国博 Y150』(3分45秒)

服部正幸さん(神奈川県川崎市)
撮影/キヤノンHF10
編集/エディウス4.6

昨年の横浜港開港150年の目玉イベントをプロモーション風に仕上げた作品。テンポがよく、また逆光を使ったシルエットカットも印象的。エンディングには「アースバルーン」のおまけつき。
ドキュメント
『佐山の獅子舞』(8分)

高見文子さん(千葉県船橋市)
撮影/ソニーHDR-FX7
編集/エディウスネオ

千葉県八千代市佐山地区に伝えられた伝統の獅子舞を、練習風景から取材した作品。オーソドックスな構成ながら作者の伝えたいものが明確で、この行事がよく分かる佳作。
<ベスト・マンスリー賞>
本州北端に聳える霊山の様相を静謐に描き上げる
ドキュメント
『日本三大霊場 恐山』(5分35秒)

池田 尚さん(千葉県佐倉市)
撮影/ソニーHDR-XR520V
編集/エディウスプロ5

いたこで有名な「恐山」を、きっちり描きあげた秀作。構成や撮影もさることながら、作者のこの山に対する思いがはっきり伝えられている。作品は地獄から極楽へ移り、そしてラストは無縁仏へと…
ドキュメント
『阿蘇原野の採草風景』(2分49秒)

佐伯勝利さん(熊本県熊本市)
撮影/ソニーHDR-HC1
編集/ベガス9

インタビュー構成を主体としたドキュメント。主人公の語りと映像のインサートで骨太の作品に仕上がっている。小粒ながらきらりと光る作品です。
紀行ビデオ
『實と澄子の夫婦旅(43)スズランとバラを訪ねて』(3分56秒)

渡辺 實さん(東京都府中市)
撮影/ソニーHDR-HC7
編集/ウルトラエディット2

作者のおなじみ夫婦旅シリーズ。朝のニュースを見て思い立った山梨のスズランと薔薇を見る旅を、手慣れた「自分撮り」の連続で綴っていく。本作は珍しく自宅の近くでの居酒屋での食事のおまけ付き。
ドキュメント
『brother and friends ダイジェスト』(8分)

小野 勝さん(千葉県袖ヶ浦市)
撮影/ソニーDCR-VX1000
編集/メディアスタジオプロ5.2

ライブの映像を中心にリードボーカルのインタビューを交えながら、主人公を描いていく。息子のことで悩みながらも「歌」に気概を見いだすパワーが伝わってくる。
紀行ビデオ
『裏磐梯を訪ねて』(7分56秒)

山本槇雄さん(東京都杉並区)
撮影/ソニーHDR-HC7
編集/ウルトラエディット

家族で行く裏磐梯の旅の記録。フレームイン・アウトの自分撮りショットが多数あり、作品のテンポを作り出し、スッキリとした作品に仕上がっている。幼い娘連れのボートに乗る姿と自分の娘の幼い頃とを重ねた作者の気持ちを表すカットが印象的。
『夫婦旅①~⑩ハイライト』(3分21秒)

渡辺 實さん(東京都府中市)

おなじみ夫婦旅シリーズのハイライトシーンを集めた1本。第1作からあらめて見ると、作者渡辺さんの「自分撮り」の進化が分かる。1作ごとに何かしら工夫をしているのもこのシリーズの特徴で、見応えたっぷりのハイライト集。