NECエレクトロニクス、フルHD動画が撮影可能な携帯カメラ向けLSIを出荷開始


NECエレクトロニクスは、携帯電話のカメラ向けLSI 『CE151』を製品化。2月4日よりサンプル出荷を開始した。量産は4月より月産100万個を計画している。


NEC_CE151.jpg

携帯電話カメラ向けLSI 『CE151』価格4,000円

新LSIは、業界最高クラスの1300万画素の静止画記録や1920×1080のフルHD動画記録に対応。ノイズ除去機能の強弱の調整精度を、色毎にきめ細かく設定できるようにしたことにより、従来よりも高画質化を実現したという。
また、LSIチップには、『美解像TM』という超解像技術もチップに搭載される。
さらにカメラとしての動作の高速化も図っている。まず、露出制御やホワイトバランス設定の機能を改良し、カメラ機能の起動からプレビュー画面表示までの待ち時間の短縮することに成功。そして、ノイズリダクション性能を向上させたことで、高感度撮影が可能となることから、これまで複数画像の合成で行っていた手ブレ補正を露光時間短縮で実現した。
スウェーデンのスカラド社が開発したSpeedTags技術をJPEG圧縮回路に取り込んでおり、携帯電話でのメガピクセルクラスの大容量画像ファイルの管理も容易になるという。消費電力は、従来製品に比べ約25%削減した。
NECエレクトロニクスは、今後CEシリーズのラインナップをさらに強化し、500万画素から1300万画素までのハイエンド携帯電話向けカメラ用LSIの市場において、トップとなる50%のシェアを目指すという。
◆NECエレクトロニクスのホームページ
http://www.necel.com/
◆ニュースリリース
http://www.necel.com/news/ja/archive/1002/0401.html