高橋栄樹さん監督の「コネコノキモチ」が5月14日から公開


高橋栄樹さんといえば、
ミュージックビデオのディレクターとして有名な方ですが、
ビデオサロン的には、
EOS MOVIEを最初に使って効果的な作品を作った方として印象に残っています。


高橋栄樹さんが撮ったAKB48の「10年桜」は、EOS MOVIEにとって、いや映像業界としても記念碑的な出来事であったということをここで書きました。
http://www.genkosha.com/vs/cat752/entry/akb48eos_movie.html
その高橋栄樹さんが、監督をされた作品が5月14日から公開されます。
撮影はもちろんEOS。
今回はEOS 7Dだそうです。
カメラマンは、「10年桜」でもコンビを組んだ、村上拓さんです。
予告編を見る限り、すごく美しい仕上がりになってそうです。
「技術的にも、一眼レフカメラCanon7Dによるほぼ完全ノーライト撮影で、
東京の景色が(夜間撮影も含めて)これだけキレイに撮影できるという、
良い実例になったかと思います」
とのこと。
ぜひ、チェックしてみてください。
「コネコノキモチ」
http://manchikan.com/
5/14(土) シネマート六本木 ワーナーマイカルシネマズ板橋
大阪、名古屋でも同時公開。
koneko.jpg