NHK×シャープ、スーパーハイビジョン対応直視型85V型液晶ディスプレイの開発に成功


 NHKとシャープは5月19日、次世代テレビ放送システム『スーパーハイビジョン』に対応する85V型液晶ディスプレイの共同開発に成功したと発表した。
 スーパーハイビジョンは現行のハイビジョンを超える「超高精細映像システム」として、NHKが1995年より研究開発をスタート、2020年の試験放送を目指し研究開発を進めている。
 画素数は現行のハイビジョン(1920×1080px)の16倍に相当する約3,300万画素(7680×4320px)であり、圧倒的な臨場感と迫力ある映像表現を実現する。

今回、開発された液晶ディスプレイ


sharp_S_Highvision_tv.jpg
 今回の液晶ディスプレイには、シャープの液晶技術「UV2A技術」とNHKが保有するスーパーハイビジョンに関する知見とノウハウとのコラボレーションで超高精細・高画質表示を実現。大画面による超高精細映像は見る人に没入感を与え、あたかもディスプレイのなかにいるようなバーチャルリアリティな体験が味わえるという。

画面サイズ 85V型(約1.9m×1.05m)
画素数 水平7,680×垂直4,320画素
輝度 300cd/m2
表示階調 RGB各色10bit

 このディスプレイは、5月26日(木)~29日(日)の間、開催される『NHK技研公開2011』の会場に展示される予定だ。
◆ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/110519-a.html
◆NHK技研公開2011のホームページ
http://www.nhk.or.jp/strl/open2011/index.html