観光庁×SSFF & ASIA「日韓観光振興プロジェクト」特別製作2作品を上映


国土交通省観光庁とショートショート フィルム フェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)がショートフィルムを通じた観光振興を目指して立ち上げた「旅シヨーット! プロジェクト」の一環として、韓国最大級の短編映画祭「アシアナ国際短編映画祭」と提携した「日韓観光振興プロジェクト」を2010年に設立。日韓の観光交流を目的とした取り組みを行なってきたが、その目玉の一つが、日韓の若手影像クリエイターによる特別製作作品。日本の若手映画監督が韓国を舞台に、韓国の若手映画監督が日本を舞台に、それぞれショートフィルム作品を製作した。この2作品は、6月16日~26日に開催されるSSFF & ASIA 2011においてプレミア上映される。


tabi.jpg
6月6日に観光庁で行われた完成発表会にて。溝畑宏観光庁長官(左)とSSFF & ASIA 別所哲也代表。
「日韓観光振興プロジェクト」では、SSFF & ASIA 2011に向けて2本の特別作品を製作。1本は日本の萩原健太郎監督を起用したオールソウルロケによる「Super Star/スーパースター」、もう1本は韓国のパク・サンジュン監督、鎌倉・江ノ島ロケによる「Smile Bus/スマイル・バス」。それぞれ、韓国と日本の有名観光地を舞台にしているが、生活文化の違いや、「外国人の視点」が加わることで、また一味違った描かれ方になっている。日本人が気づいていない鎌倉・江ノ島の魅力、韓国人が気づいていないソウルの魅力が作品にふんだんにちりばめられ、地元の人にも新鮮に映るのではないだろうか。
superstar02.jpg
「Super Star/スーパースター」 監督:萩原健太郎 主演:桜井淳子、キム・ウンス
韓流スターに憧れる日本人女性(桜井淳子)と超無愛想な運転手(キム・ウンス)との珍道中。「ジュノ様」に会いに、ソウルで行われるファンイベントに出かけることになった敏子。ところが宿泊先のホテルで大寝坊。急いで会場に向かうべく、タクシーをつかまえようとするが…。

smilebus01.jpg
「Smile Bus/スマイルバス」」 監督:パク・サンジュン 主演:パク・コニョン、リュ・ヒョンギョン、田中要次
ある日、ユナ(リュ・ヒョンギョン)は3年間付き合った彼氏サンホ(パク・コニョン)に突然の別れを告げて日本に渡り、鎌倉や藤沢・江ノ島を韓国人観光客に案内するガイドとして働くことに。ところが、彼女を追って日本にやって来たサンホが目の前に現れる。ユナの揺れる気持ちを、この地にまつわる言い伝えと美しい風景とともに描くラブストーリー。

この2作品は、今年で「旅シヨーット! プロジェクト」プログラムの中でプレミア上映される。同プロジェクトは、「日本の旅」の魅力、日本の観光資源の再発見を目的に2010年にスタート。2回目となる今回は、前年を上回る86作品が公募で集まり、7作品が入選した。その中には3・11の東日本大震災で大きな被害を受けた福島を描いた作品も含まれる。震災からの復興を目指す中で、「観光」はひじょうに大切な要素になるといわれ、その意味でも要注目のプログラムだ。
これとは別に、韓国最大級の映画祭・アシアナ国際短編映画祭の「韓国トラベル・ショート部門」入選作品を上映する「韓国トラベル・ショート」プログラムも予定。さらに6月23日には、上記の特別製作2作品の監督と出演者が一堂に会し、撮影時のエピソードや日韓両国のロケ地の魅力を語り合うトークイベントも開催される。会場は表参道ヒルズ スペース オー、時間は17:40~19:30を予定。
ショートショート フィルム フェスティバル&アジア2011 日韓プロジェクトオフィシャルページ
http://www.shortshorts.org/japankorea/