ブラックマジックデザイン DaVinci Resolve 8を出荷開始


 ブラックマジックデザインは、6月29日に最新メジャーアップデート版の「DaVinci Resolve 8」の出荷を開始したと発表した。既存のDaVinci Resolveユーザーは同社のウェブサイトより、無償でダウンロードが可能になる。価格は86,980円。
davinciresolve110712.jpg


 DaVinci ResolveはMacとLinuxで動作する先進的なカラーコレクションツールであり、ハリウッドのメジャー映画からCM、テレビまで幅広い現場で使用されている。
 DaVinci Resolve 8には、いくつものパワフルな新機能が搭載されている。まず、マルチレイヤータイムラインに対応し、アップルのFinal Cut Pro 7とアドビPremiere ProのXMLインポート/エクスポートが可能になった。またアップルのiMacとMacBook Proでの使用を可能にするためOpenCL処理を採用。さらに新たな高度な処理ツールを追加し、リアルタイムのノイズリダクションやカーブグレーディング、マルチポイント・スタビライザー、自動ステレオスコピック3D画像アライメントといった機能が実現された。そのほか、Tangent WaveおよびJL Cooperの対応済サードパーティ製コントロールパネルに加え、Avid ArtistColorも新たにサポート。グレーディング済みのDNxHDファイルをリンクしてAvid編集ソフトに書き戻すALEエクスポートも可能になった。
・マルチレイヤータイムラインへの対応
FCPからの複雑なシーケンスをインポートし、カラーグレーディングが可能。グレードしたショットやレイヤー構造をそのままFCPに直接エクスポートすることもできる。また、FCPで編集を変更した際も、DaVinci Resolveが自動的に全クリップをリンクし直し、カラーグレードは保持される。DaVinci Resolve上でも編集は可能で、自由にクリップを調整したり移動したりすることができる。
・OpenCL対応
1080HD解像度までのリアルタイムプロセッシングに、より広い種類のGPUが使用可能。すでに使われているCUDA処理の能力には及ばないが、より多くのコンピューターでDaVinci Resolveを使用できるようになる。iMacやMacBook Proでもリアルタイムのグレーディングが可能になり、特にMacBook ProとDaVinci Resolve 8の組み合わせは撮影現場のグレーディングツールとして最適だ。
・ノイズリダクション
高品質のCUDAノイズリデューサーを新搭載。ノイズを軽減し、完璧に近いくらい素材をクリーンに処理できる。DaVinci Resolve 8のノイズリダクション機能はカラーコレクターに統合されているため、カラーコレクションのノードごとに使用可能。パワーウィンドウ(シェイプ)やキーと組み合わせて使うことで、ショットの任意の部分のみノイズを除去することもできるようになり、カラリストのクリエイティビティを活かすことができる。
・手ブレ補正
手ブレが大きくなってしまった場合にはマルチポイント・スタビライザーが有効。ポイントをいくつも打つことでショットのあらゆる部分を完全にロックし、カメラのブレを修正することができる。手持ちで撮影した不安定な映像でも、驚くほど安定した映像に変えることが可能だ。
・カーブ・グレーディング
ローエンドのグレーディングソフトと同じように機能し、インターフェイスも似たように作られているため、初心者ユーザーでも戸惑うことなく作業ができる。また、DaVinci Resolve 8のカーブ・グレーディングのインターフェイスは、カラリストがカーブをカスタマイズし、hue vs hue、hue vs sat、hue vs lum、lum vs satをより細かくコントロールできるようになる。カーブはマウスでもコントロールパネルでも操作でき、作業はよりスピーディになる。
・自動ステレオスコピック3D画像アライメント
2台のカメラからの画像のアライメントを自動調整し、完璧な3D画像を作る。これまで、2台のカメラで撮影する際にカメラの位置をピクセル単位で揃えることができないため、視聴時の疲れの原因となるアライメントの交差(ずれ)が起こってしまうという問題があったが、この機能を使うと何百もの画像ポイントがそれぞれ分析され、左右の画像を完璧に揃えることができる。処理にはワンショットにつき数秒かかる程度で、完全に自動で行われるので、カラリストが何か特別に設定する必要はない。この3D画像アライメント機能はブラックマジックデザインの先進アルゴリズムチームによって開発され、高度な画像処理が採用されているもので、3Dのポストプロダクション業務に確信をもたらすだろう。
ブラックマジックデザイン
http://www.blackmagic-design.com/jp/
DaVinci Resolve 8
http://www.blackmagic-design.com/jp/products/davinciresolve/