米ゴッサム・ガールズ・ローラーダービーリーグ、ATEM 1 M/E Production Switcherをライブ放送で使用


 ブラックマジックデザインは、同社のスイッチャー新製品「ATEM 1 M/E Production Switcher」が、アメリカの「ゴッサム・ガールズ・ローラーダービーリーグ」の生中継に使われたと発表した。
bmd11071201.jpg


 ローラーダービーとはローラースケートを履いて行うチーム競技で、ニューヨークの女性スケーター達による女子リーグ「ゴッサム・ガールズ」は急速に成長してきているリーグの1つだ。ダービーで行われる試合は毎回ハイビジョンで撮影され、Derby News Network(http://www.derbynewsnetwork.com)というサイトでWEB番組としてライブ配信されている。さらに試合後にはNYC Life(ニューヨーク市の公式テレビ・ラジオ・オンラインネットワークのキー局)で再放送され、ビデオやDVDにもなっている。
 試合の模様は6台のカメラを使い、各プレーヤーのタイトショット、引きで捉えた会場の様子、アナウンサーや観客の姿などを撮影。これらのカメラとATEM 1 M/E Production Switcherを組み合わせ、グラフィック・オーバーレイ、エフェクト、統計の表示、アップ/ダウンストリームキーヤーでの合成などを行なっている。また、撮影したハイビジョン映像は試合終了後は再放送やDVD用の編集素材として使われる。
NYC Lifeのテクニカル・ディレクター/プロデューサーであるフランクリン・ジッター氏は、「良質のコンテンツを通じてダービーの成長を助けること」を目標に、高品質な試合の生中継と、ルールや作戦を解説する番組が必要であると考えたという。そこで、多目的に使えて使い勝手の良い低価格のスイッチャーを探していたところ、ATEM 1 M/E Production Switcherに出会ったそうだ。
「ATEM が予算に合うことを発見したときは興奮しました。ライブの得点表グラフィックを、サードパーティソフトウェアRinxter(www.rinxter.com)経由で組み込めることも私たちにとって大きな利点でした。また、ATEM 1 M/E には多くの入出力系統と様々なプロフェッショナル機能が搭載されているため、低コストかつ簡単にプロダクションに組み込み、HD へと移行することができました。我々は、番組をさらに高いレベルへと押し上げるようなスイッチャーの構成を常に模索しているのです」
 また、ATEM 1 M/E Production Switcherは、技術的な経験を持たないスタッフでも容易にセットアップやオペレーションを習得できるという利点もあると、同氏は評価している。
ブラックマジックデザイン
http://www.blackmagic-design.com/jp/
Derby News Network
http://www.derbynewsnetwork.com