キヤノンが映画制作用のレンズ、カメラなどCINEMA EOS SYSTEMを発表


キヤノンは、EOSのマウント、レンズをベースに、映像制作用のレンズ、カメラで構成するCINEMA EOS SYSTEMを新たに開発。2012年1月下旬より順次発売していくと発表した。
●豊富な現行EFレンズに加え、新たに映像制作用にEFレンズレンズを開発。ズームレンズ2本と単焦点レンズ3本。今後、単焦点レンズのラインナップを拡大していく。
●EFレンズとPLレンズに対応するレンズ交換式ビデオカメラ EOS C300/EOS C300PLを開発。
●4K動画記録を実現する動画メインのデジタル一眼レフカメラを開発中。


CE00.jpg
CE06.jpg
映像用のEOS システムは「CINEMA EOS SYSTEM」と名付けられ、ハリウッドの映画業界にも本格参入することが発表された。赤いCのロゴが特徴だ。
現地でのサポートセンターも開設される予定。
現地でキヤノン株式会社代表取締役会長兼CEOの御手洗氏が11月3日にプレゼンテーションをし、その映像が4日の日本発表で流された。
CE_P.jpg
プロジェクトのスタートは2年前の2009年だったという。つまりEOS 5D MarkIIの動画が映像業界、とくに映画の業界に受け入れられるということで、業界関係者にヒアリングしながらのスタートだった。
まずカメラは、EFマウントを採用したEOS C300とPLマウントを採用したEOS C300 PL。
EOSというネーミングがついているのが驚きだ。
価格はオープン価格だが、市場想定価格は150万円前後。C300は1月下旬、C300 PLは3月下旬から発売される。
CE02.jpg
この角度からみると、往年の8㎜シネカメラを彷彿とさせる。
もちろん従来のEOS用のレンズを装着できる。写真はEF85mm F1.2L IIを装着した状態。
センサーはこのために新開発したスーパー35㎜相当(APS-Cの上下を切ったサイズ)で、有効画素数は約829万画素。つまりスチルカメラ、ビデオカメラよりも1画素あたりの面積は大きくなることで受光性能は高くなるわけで、高感度、低ノイズを実現した。また光の三原色の色ごとにフルHDの映像信号を読み取ることで、単板式ながら3板式と同等の映像処理を可能にしている。
CE08.jpg
CE09.jpg
CE10.jpg
記録メディアはCFカードで2スロット仕様。
コーデックはXFシリーズと同じ、MXFの4:2:2 MPEG2 50Mbps。EOS MOVIEの信号よりも色情報が多く、合成時にも有利。
フレームレートは59.94i、50.00i、29.97p、25.00p、23.98p、24.00pを用意。
バリアブルフレームレートは60倍速で記録するファーストモーション、1/2.5倍速のスローモーションが可能だが、1/2.5倍速は720pになってしまう。ここだけはちょっと残念な仕様だ。
ボディは、パナソニックAG-AF105やソニーFS100Jのいいとこどりをしたイメージで、グリップ、ハンドルなどは着脱が可能。モニタ-ユニット&音声入力は着脱が可能。本体自体はひじょうにコンパクトで、狭いところでの設置にも対応。またグリップも想像以上に持ちやすく、手持ちでも充分撮影できそうだと感じた。
CE11.jpg
液晶モニターは着脱式で、これが台座のようなものが回転するだけでなく、モニターを横に開くこともできる。カメラマンはファインダをのぞきながら、周囲のスタッフには横向きのモニターで映像を見せるということができる。
映像出力系もEOS MOVIEと異なる部分で、HDMI、HD-SDIが各1系統、用意されている。
CE12.jpg
マウント部は基本的にEOSと同じ。ただしEOSにあったミラーボックスは外され、そこにNDフィルターが装備された。回転式の3種類の濃度のNDフィルターを横のプラスとマイナスのボタンを送っていく。このNDフィルターが入ったためにボディ高はある程度必要になったと思われる。
カスタムピクチャーは、XF300と同等のものがあるようだが、映画用にコントラストやシャープネスを抑えたフラットな画質で、撮影後の編集や加工作業の自由度が高いCanon Logガンマも採用した。カスタムピクチャーは、EOS MOVIEと同じモードも用意されているという。
レンズは、トップエンドズームレンズシリーズが2本
CN-E14.5-60mm T2.6 L (EFマウントとPLマウント) 価格390万円(税別)
CN-E30-300mm T2.95-3.7 L(EFマウントとPLマウント)価格410万円(税別)
CE03.bmp
4Kに対応した高い光学性能に対応。スーパー35㎜相当、APS-Cサイズに対応。
(35㎜フルサイズ、APS-Hには非対応)
新設計の11枚絞りバネを採用し、柔らかく美しいボケ味を表現できる。
フォーカスリングの回転角を約300度と大きくとったことにより、微妙なポイント合わせがしやすい。かつズームリングの回転角も約160度と大きく設定し、滑らかかつ微妙なズーム操作が可能になっている。価格としては他社の映画用シネズームレンズよりも安めの設定になっている。
単焦点レンズシリーズとしては、すべてEFマウントで、
CN-E24mm T1.5 LF
CN-E50mm T1.3 LF
CN-E85mm T 1.3 LF
価格はすべて59万円(税別)。2012年7月から8月にかけて発売される。
CE04.bmp
こちらも4Kを想定した高い光学性能をもつ。
単焦点レンズは35㎜フルサイズにまで対応しているので、EOS 5D MarkIIでの使用も可能だ。
フォーカスリングは回転角300度と大きく、微妙なピント送りがやりやすい。
フォーカス、絞りの指標はレンズ外装の傾斜面に表示することにより、カメラ後方からの視認性を向上させている。また3本の単焦点レンズで、前玉径やリング部のギア位置を統一したことにより、マットボックスやフォローフォーカスのアクセサリーの取り付けがやりやすくなっている。
まずは、24、50、85㎜の3本だが、今後、市場の要望をききながら、ラインナップを拡充していくという。
今回発表されたカメラは4K対応ではないが、4Kの撮れる動画カメラについても開発中というアナウンスがあった。
CE05.jpg
従来のEOS MOVIEの動画撮影機能をよりいっそう一層進化させた「新しいコンセプトのデジタル一眼レフカメラ」だという。35㎜フルサイズのCMOSセンサーを搭載し、4K動画記録(24P Motion-JPEG)を可能にした。
試作機を見る限り、ベースとなっているのは先頃発表されたEOS-1D Xであり、このモデルはその上位版(ムービー強化バージョン)という位置づけのようだ。
スタイルは従来のEOSと同様だが、このカメラは動画がメインとなるモデルになる模様。
製品名称、詳細な仕様、発売時期は未定とされているが、2012年中の発売を目指すとしている。
CINEMA EOS SYSTEMのサイトはこちら
補足を編集長の取材ノート