パナソニックAG-AC160、1080/60p記録にも対応


パナソニックは、「AVCCAM」シリーズの新製品メモリーカード・カメラレコーダーAG-AC160で、フルHDプログレッシブ記録(AVCHD Progressive規格準拠)が可能になるアップグレード用ファームウェア(無償)を2012年春ごろリリースする。


AG-HC160_01_slant-ring.jpg
このファームウェアをインストールすることにより、AG-AC160でAVCHD Progressive規格に基づくフルHDプログレッシブ信号(1080/59.94p、1080/50p)※1のSDメモリーカード(SDXC/SDHC/SD)2への記録が可能になる。
HDプログレッシブ信号記録時にも音声記録はリニアPCMに対応している。
ファームウェアのダウンロードはウェブサイト(http://panasonic.biz/sav/)の「サポート&ダウンロード」メニューから無償でダウンロードできる予定。
SDメモリーカードを使用して本体のソフトウェアをアップデートすることができる。
これまで家庭用ビデオカメラでは1080/60p記録が可能なAVCHD2.0規格であるAVCHD Progressive規格に対応した製品がソニー、パナソニックから続々登場しているが、業務用では開発時期の関係もあり、1080/60p記録モードがなく、逆転現象がおきていた。
※1:HD SDIおよびHDMIへの出力時にはそれぞれ1080/59.94i、1080/50i信号に変換して出力される。