「今」と「これから」を感じさせる人選と制作スタイルを
紹介します


先週は、7月号別冊付録「映像制作機器カタログ」のユーザ—取材を2本。
今年の付録は、毎年4月号から7月号に変更して、現在制作中です。
今回はちょっと趣向をかえて、機材カタログにプラスして
新しい映像制作のスタイルをユーザ—事例とともに15本取り上げようという試みをしています。全部が全部、「新しい!」ということはないかもしれませんが、
より刺激的になるような人選、もしくは刺激的なネタとなるよう、知恵を絞っています。


さて、先週はその一件で、下北沢のライブハウス、モナレコードさんでのUSTREAM番組配信の取材でした。http://www.ustream.tv/channel/全日本モナレコード連盟
今回その撮影と配信を担当されたのが、名古屋のオンドレコードさん。
全日本モナレコード連盟の本番スタートが24:00〜。
オンドレコードさんの入りが22:30〜でそれに合わせて、わたしも現場へ。
この仕事、20年やってますが、22:30〜の取材始まりは初めてかもしれません。
今回の取材の模様をここで書くと商売上がったりなので、
ぜひ6月20日発売の7月号をご覧ください。
ちょっとだけ掲載するとこんな感じです。
mona03.jpg
mona01.jpg
先日発売されたムック「プロモーションのための動画活用術」も宣伝していただきましたが、
私が本をもっていくのを忘れたのは大失態。
mona02.jpg
余談ですが、夜中の3時に下北沢から西荻までタクシーで帰ったら、
タクシーの運転手が、「あ、このクルマ、西荻なんですよ」という。
聞いてみたら、そのタクシー会社は我が家のすぐそば。
ということで、運転手さんは最後の客が
まさに帰り道ということでやたら上機嫌で、しゃべり通しでしたね。
実は、その前にこの取材で、個人的なことで2件くらい偶然が重なってびっくりしていたのですが、とどめはこれでした。
すごい日もあるものです。