『大林宣彦と語る 高校生映像フェスティバル2012』 作品募集開始


 音楽、演劇、映画、情報、スポーツといった文化政策推進の担い手を育成する尚美学園大学は、高校生を対象に映像作品を募集する「大林宣彦と語る高校生映像フェスティバル2012」を開催する。映画作家で同大学・大学院教授の大林宣彦氏が審査委員長を務める。
 募集要項は以下の通り。実写、CG、アニメ等ジャンルを問わず意欲作を求めている。また、12月16日に開催される映画祭では、大林監督をはじめとする審査員を囲んでの作品講評会と座談会を予定している。


koukousei_eizou2012.bmp

応募要項


募集期間
2012年8月1日(水)~10月15日(月) *当日消印有効
応募資格
応募時点で高校に在学していること。
作品規定
10分以内。実写・CG・アニメーション等、ジャンルは不問。応募形式はビデオ(VHS、ベータカム、DV、DVD)とする。
点数制限はなし。応募1作品につき、必ず応募用紙1通を同封すること。
過去に他のコンテストで受賞した作品も応募可(受賞したコンテスト名を明記)。
応募方法
映像祭公式サイト にアクセスして応募要項に同意のうえ、応募用紙をダウンロード。必要事項を記入のうえ、作品とともに送付。
応募・問い合わせ先
〒350-1153
埼玉県川越市下松原655 尚美学園大学 「高校生映像フェスティバル2012応募係」
TEL 049-246-5251(尚美学園大学代表)
映像祭公式HP:http://www.shobi-u.ac.jp/media-w12

映画祭情報


作品上映、講評、座談会。
開催日時
2012年12月16日(日)
会場
川口市立 映像・情報メディアセンター メディアセブン