最近の製品写真ってCGなのか・・・


過酷な夏休み進行も、なんか目途がたってきたような。
まだ8ページくらい原稿書いてないけど、
一応終わりが見えてきたような気がします。
先日発表されたソニーのPMW-200。


説明されたときに写真をもらうことになっていたのですが、
この写真ってCGなんですって? 全部。
PMW200_1.jpg
これとか。
その前のPMW-100もCGですよといわれて、
編集部に戻ってよくよく見てみたら
たしかにCGっぽい。
PMW-100_015A.jpg
このカットなんか特に。
設計しているデータから起こしたほうが正確で確実だから、
これから製品写真はどんどんCGということになるのでしょうか。
もともとソフトウェアのパッケージなんかはデザインしたデータをそのまま箱の形にして
影をつけて、といったような処理をしていましたが、
いまやカメラもそうなんですね。
手前から奥まで完全にピントを合わせるために、ピントを送って撮ったものを
何枚も合成して仕上げている撮影現場の苦労を考えると、
これからはわざわざカメラとかレンズとかを使って撮るのは
非効率的ということなるのかもしれません。
カメラメーカーのカメラの製品写真なんかは、カメラ使って撮ってるんでしょうか・・・?