歌舞伎と能の打楽器ライブラリー
「KABUKI & NOH PERCUSSION」


放送、音楽、ゲーム業界等へ幅広く音楽コンテンツを提供し、サウンド&テクノロジー、ソフトウェアの開発を行っている有限会社ソニカ(東京都中央区日本橋)は、9月25日、歌舞伎と能の打楽器ライブラリー「KABUKI & NOH PERCUSSION」をリリースした。


Kabuki_Noh-normal_bnr.jpg
「KABUKI & NOH PERCUSSION」は、邦楽打楽器演奏家、望月太喜之丞氏の手による56種の歌舞伎と能の打楽器、鳴り物のサウンドを収録したソフトウェア音源。
多彩な表現力と精密な楽器コントロールによる瑞々しい打ち音をそのままに、能の囃子(音楽)になくてはならない小鼓、大鼓、締太鼓、そして能管、かけ声(ヤ声、ハ声)。
大太鼓、大拍子、桶胴、豆太鼓、団扇太鼓、当り鉦、コンチキ、双盤、駅路、オルゴール、本釣鐘、銅鑼、木魚など歌舞伎の舞台を盛り上げるのに欠かせない鳴り物(打楽器)の他、迫力ある演技を盛り上げる足拍子や附け打ちなど貴重な楽器を収録。欲しかった「あの音」がぎっしりと詰まっている。
音源は製品ページにて試聴が可能。
なお、ソフトウェア音源の使用にはBFD2.1以降またはBFD Ecoが必要となっている。
Kabuki_Noh_screenshot_01.jpg
【KABUKI & NOH PERCUSSION 主な特徴】
・初めて実現された小鼓の表現力
・あの有名な「ヒュードロドロ」が再現可能
・歌舞伎のバタバタバタ「附け打ち」の音や、舞台を踏みならすバンッという「足拍子」も収録
・能管のフレーズとかけ声を多数収録
・余計なルームアンビエンスを排除
・平均60ヴェロシティ・レイヤー
・上質なマイクロフォンとマイクプリアンプでの録音
【製品詳細 URL】
http://www.sonica.jp/instruments/index.php/ja/products/kabuki-noh-percussion
【製品の価格・購入について】
日本国内ではメディアインテグレーション(http://www.minet.jp/)より購入が可能。
ダウンロード版:¥13,230(税込)
※パッケージ版の発売も予定。