BMCCのアイリスが分かる男


1月に発売するムック用にテストをしています。
Blackmagic Cinema Camera(BMCC)がトップバッターになりそうです。
わたしもMFTバージョンは一台欲しい。もし手に入るなら・・・。
そう、問題は充分な台数、出荷されていないということなんですよね。


BMCC_TEST1.jpg
すでにビデオSALON誌上でもレポートしているとおり、
現状のBMCCは、絞りの値は表示されません。
IRISボタンを押すと、オートでクリップしない絞りにしてくれて、
液晶画面下の右ボタンと左ボタンで絞りを開けたり、締めたりしていくのですが、
その数値も出ません。
つまり今、Fいくつかというのが分からないわけです。
ところが優秀な助手君は、すでにBMCCをマスターしつつあり、
装着したレンズEF24-105mm F4 Lでいったん開放にした後、
レンズに耳を近づけて左ボタンを押しながら絞っていき、
「えーと、いまF5.6です! たぶん・・・」
と言っていました。
すごいですね。
いつかBMCCで絞りが表示されるファームアップがされると思うのですが、
それまではこれが特技になるかもしれません。