SDIから10ビット4:2:2カメラスルー出力可能な
パナソニックAG-AF105A


パナソニックでは、新製品メモリーカード・カメラレコーダーAG-AF105Aを、2012年11月15日より発売する。AG-AF105の後継機にあたるモデル。ボディは同じで、機能が強化されている。


パナソニック
AG-AF105A
オープン価格(市場想定価格40万円前後)

AG-AF100AW.jpg
メモリーカード・カメラレコーダーAG-AF105Aは、マイクロフォーサーズ・レンズマウントを搭載した業務用HDカメラレコーダー。従来機種のAG-AF105同様にマイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼用レンズや、変換アダプターを介してプライムレンズ等のシネマ用レンズが使用できるほか、業務用音声入力(XLR)など、プロのビデオ撮影に最適化されている。
新製品AG-AF105Aでは、プロ用高画質のPH モード(平均21Mbps、最大24Mbps)に加え、AVCHD Progressive準拠の「PS」モード(平均約25Mbps、最大28Mbps)を搭載し、1080/60p・1080/50p記録再生に標準対応した。音声もより高音質なリニアPCM記録(2チャンネル)に対応している。「PS」モード時には、HDMIから1080/60p・1080/50p出力が可能になっている。
また、カメラスルー時、HD SDIから高画質10ビット4:2:2信号を出力し、10ビット高画質記録に対応したP2レコーダーなどでレックトリガー連動記録が可能。
さらに、フォーカスアシスト「Expand」(=画面中央を拡大表示してフォーカス合わせを容易にする)とセーフティマーカー「2.39:1」(シネスコサイズ)を追加し、撮影補助機能を強化した。
11月14日から16日まで、幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2012」パナソニックブース(ホール7)に出展される。
AG-AF105は当初、日本での販売価格が割高だったこともありスタートダッシュにはつまづいたが、
価格が落ちてからはコンスタントに出ているという。
NDフィルター搭載や扱いやすいボディは今の目でみても決して悪くはなく、
このAF105Aへのマイナーチェンジによって
ソニー、キヤノン、パナソニックと大判センサーカメラが出そろったといってもいいだろう。
価格も妥当なところになってきた。
ライバルは、キヤノンEOS C100、ソニーFS100J、EA50JHといったところか。
と考えると、SDI出力I装備、NDフィルター搭載という点でコストパフォーマンスは高いと
言えそうだ。
製品情報ページ
http://panasonic.biz/sav/avccam/ag-af105a/index.html