パナソニック、3板式裏面照射型MOSセンサー搭載 Wi-Fi搭載でUstreamでの配信も可能なHC-X920Mを発売


 パナソニックは、裏面照射型のMOSセンサーを3枚使った3MOSシステムのビデオカメラ・HC-X920Mを2月20日に発売する。


X920M_K_slant.jpg
HC-X920M オープン価格(推定14万円前後) 2月20日発売
 
 家庭用3MOS機としては初めて裏面照射型のセンサーを採用。フォトダイオードと配線層の位置を入れ替えることで取り込む光の量を増やし、S/Nを改善した。また、センサーサイズはX900Mの1/4.1型から1/2.3型へと大きくなっている。ただし、有効画素面積が大幅に拡大したわけではない。総画素数は3828万(1276万×3)で動画有効画素数は849万(283万×3)(16:9)となる。
 レンズはライカDCレンズ、F1.5-2.8と明るく、光学ズーム12倍(29.8-399.2mm)に対応。フィルター径は49mm。内蔵メモリーは64GB。ビューファインダーは0.24型(約26万ドット相当)。液晶モニターは3.5型(約115万ドット)となる。
 好評の「5軸ハイブリッド手ブレ補正」に加えて、今回、新たに開発された撮影時に本体の傾きを検知して水平に補正する「傾き補正」で手ブレと傾きを大幅に低減したという。
 また、Wi-Fi搭載により、Ustreamでのライブ配信やスマートフォンとの連携機能も搭載されている。Ustream配信の解像度は720pまでとなるが配信しながらフルHDで録画を残すこともできる。配信を行うにはUstreamでのアカウント登録に加え、LUMIX CLUB PicMateへ登録した上で、LUMIX CLUB PicMateからUstreamとの連携が必要になる。
 スマートフォンアプリ「Panasonic Image App」は1月から無償で提供される予定で、AndroidとiOS版が用意される。アプリではカメラのリモコン操作の他、動画編集、YouTubeやFacebookへのアップデート、そして外出先から部屋の様子を確認できる「見守り機能」などにも対応する。
◆ニュースリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/01/jn130110-1/jn130110-1.html