光学30倍、1080/60pに対応する コンパクトデジタルカメラ・ソニーHX50V


 ソニーから高倍率コンパクトデジタルカメラ・HX50Vが登場する。発売は5月17日、価格はオープンで市場想定価格は43,000円前後となる見込み。


コンパクトなのに超望遠撮影が楽しめる


HX50V_TELE.jpg
 コンデジながら光学30倍ズームに対応し、35mm版換算で24-720mmの画角をカバーする。画質劣化のない超解像ズームを使用すれば、最大60倍ズームとなり1440mmの望遠撮影も楽しめる。また、手ブレ補正もアルゴリズムを改良することで、30倍ズームに対応する従来機HX200Vに比べ、望遠撮影時のブレを2倍低減することに成功しているという。
 レンズはGレンズで、開放F値がF3.5(W)-6.3(T)。絞り羽根が5枚の虹彩絞りを採用している。動画形式はAVCHDで1080/60p記録にも対応する。
HX50V_accessaryk.jpg
左はステレオマイクロホンECM-XYST1M(15,750円)。右は電子ビューファインダーFDA-EV1MK(44,100円)。
 マルチインターフェースシューを搭載し、電子ビューファインダーやマイク等ハンディカムのアクセサリーを使用できる。
 また、Wi-Fi機能も内蔵し、スマートフォンなどの端末と連携することもできる。スマートフォンをリモコンとして使い、ライブビューやシャッター操作ができる「スマートリモコン」機能や、撮影したデータをスマホに転送することもできる。カラーバリエーションはブラックとチタンシルバーの2色を用意する。
◆ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201304/13-0424/