ローランド展示会に新HD対応スイッチャーVR-50HDの実機が登場


ローランドは6月12日と13日の2日間、映像と音響の業務機器の展示会&セミナーを開催した。6月4日に発表されて話題となっているHD対応のAVミキサーVR-50HDを日本ではじめて実機を展示。多くの人の注目を集めていた。
VR-50HDのニュースリリース
http://www.roland.co.jp/news/0591.html

VR-50HDの製品情報ページ
http://www.roland.co.jp/products/jp/VR-50HD/


roland0613_1.jpg
本体は想像以上にコンパクトで、左側デジタルオーディオミキサー、右がビデオスイッチャーのシンプルな操作性。初心者でも分かりやすいタッチパネル式のモニターも搭載している。
rokand0613_2.jpg
入力は3G/HD/SD-SDI、HDMI、RGB/コンポーネント、コンポジット入力で
4系統12入力のマルチフォーマット対応。
出力は 3G/HD/SD-SDI、HDMI、RGB/コンポーネント、USB出力。
ポイントはUSB3.0/2.0出力で、ミキシングしたものをライブ配信に活用するといった用途だけでなく、PCで1080/60Pの非圧縮信号をキャプチャするといった使い方もできる。
roland0613_3.jpg
7インチ大型タッチパネルモニターは初心者にわかりやすく、7分割マルチビュー、入力の4分割表示などが可能。直接タッチすることで映像を切り替えることができるのは、VR-3などと同じ。
またメニュー設定などはオーバーレイ表示したメニューのアイコンをタッチしてダイヤルで可変するといったダイレクトな操作性は画期的。
roland0614_3.jpg
◉ビデオサロン2013年7月号(6月20日発売)でも簡単に速報レポートしている。
それ以外に映像関連では、ターンキー編集システムのDV-7HDやコンバーターなどもデモ展示された。