Blackmagic Cinema Cameraで
チェーンレストランのCMを撮影


カルフォルニア州グレンデールを拠点とする映像制作会社、Fisher Film Works がBlackmagic Cinema Camera を使用してアメリカのチェーンレストラン Arby’s の最新コマーシャル 「King’s Hawaiian Roast Beef Sandwich」を制作した。
同コマーシャルは、 Adult Swim(アメリカのカートゥーン・ネットワークの大人向け番組を放送する時間帯の名称)との共同プロモーションで、アメリカ全土で配給されている。
また、画家がサンドイッチの画を描くこのコマーシャルは、 Blackmagic Designのカラーコレクション・ツールであるDaVinci Resolveを使ってグレーディングされた。
Fisher Film Works の創立者兼オーナーのギャビン・フィッシャー氏(Gavin Fisher)は、このコマーシャルを1週間以下という短期間で撮影するため、 Blackmagic Cinema Camera を使用し Apple ProRes の圧縮1080HDで撮影した。高画質なフッテージをトランスコードの必要もなく、すぐに編集やカラーコレクションすることができたため、今回のプロジェクトにとっては、最も効率的なワークフローだったと言う。


image.jpeg
「 Blackmagic Cinema Camera はすでに使ったことがあったので、画質が良いことは知っていましたが、それでも撮影されたフッテージを見て驚かされました。スキントーンや、壁にかかった画の色、映っているすべてが素晴らしかった。そして、そのフッテージをさらに魅力的なものにするために、Resolveが大いに役立ちました」
image2.jpeg
フィッシャー氏はまた、 狭い場所でも撮影ができたことをあげ、 カメラのユニークなデザインについても評価している。
「私たちはケーブル局の絵画番組のようなルックを狙っていたので、小さなスタジオで撮影しました」
「ドリーを使うスペースもありませんでしたが、ディレクターはショットに動きが欲しいと言ったため、スライダーを使って撮影しました。これは、大きなカメラでは絶対に実現できま
せんでした。Blackmagic Cinema Camera のコンパクトさは、私たちにとって大きな利点でした」
image3.jpeg
監督のポール・カミングス氏( Paul Cummings)は、このコマーシャルをFinal Cut Proで編集し、フィッシャー氏がそのデータをXMLで DaVinci Resolve にインポートしてカラーコレクションした。
image4.jpeg
Resolve でフィニッシングが終わるとすぐに、オンエア用にクライアント向けにエクスポートされた。
「ResolveでのLogワークフローは、このカメラと切り離して考えることはできません。私たちはハイエンドなケーブル局向けの、色鮮やかなルックを求めていました。ProRes のフィルムモードで撮影すると、コントラストのないフラットなイメージになりますが、それをResolveでカラコレすることにより、簡単に狙っていたルックを得ることができるのです。Resolve は、今まで使ったソフトウェアで一番気に入っています。Blackmagic Cinema Cameraを使うときは特にそう感じます。このカメラとResolveのワークフローはシームレスなんです」とフィッシャー氏は結んだ。
Arby’sのCMはこちらから
http://www.ispot.tv/ad/7ZyT/arbys-kings-hawaiian-roast-beef-sandwich-fun-arts