One Direction の世界ツアーのライブスイッチングに
ブラックマジックデザインの ATEM を使用


One%20Direction%20Visual%20Setup%201.jpeg
Audiotech Services Ltd は、One Directionの 「Take Me Home」ツアーでAV制御システムを提供している。同システムは Blackmagic Design の製品をベースに作られており、 ATEM 2M/E Production Switcher、ATEM 2 M/E Broadcast Panel、Videohubルーター、およびSmartView Duo が含まれている。
オーストラリア、アジア、ヨーロッパ、北米で120公演に及ぶ、このコンサートツアーは1日で30万枚のチケットを売り上げた。また、各公演で使用される大量の映像は、Audiotechによるラックマウント式のAVコントロールシステムで制御されている。同システムは、 フルHD のモニタリングおよび収録、8系統のライブカメラ入力、静止画再生およびライブHDストリーミングが可能となっている。


One%20Direction%20Take%20Me%20Home%20Tour%20.jpg
同システムの核となるのは、Blackmagic Designの ATEM 2 M/E Production Switcher、 ATEM 2 M/E Broadcast Panelならびに 8Uラックサイズに72系統の入力、144系統の出力、72系統のデッキコントロールポートを装備したBroadcast Videohub ルーターだ。
毎公演、ステージ上のLEDスクリーンとCGエフェクトによる 背景幕が作られ、メインステージの左右に設置されたLEDスクリーンにライブカメラの中継映像が表示される。7台の HD SDI カメラはステージパフォーマンスを撮影し、さらに7台のミニカメラがステージ上に配置されている。カメラソースはBroadcast Videohubを使ってルーティングされ、SDIで ATEM 2 M/E Production Switcher に送られる。信号はATEM 2 M/E Broadcast Panelでミックスされる。ATEM 2 M/E Production Switcherからのプログラム出力はルーティングされ 、SDI をDVI に変換し2面のLEDスクリーンに表示される。
One%20Direction%20Visual%20Setup%202.jpeg
「One Direction のツアー用の映像システムをSDIルーターやATEM スイッチャーなしで運用することは考えられません」とビデオ・ディレクターのトーマス・レヴィット氏は言う。
「パッチ盤を使ってケーブルを抜き差ししなくて済むので、本当に楽です。Telnetでログインしてコマンドを送れば シリアルやイーサネットで制御できます。さらに iPad アプリでも制御できるんです。もし、コンサート中の特定の場面で信号を切り替えたい場合も、Telnetで簡単に統合できます。すべてネットワーク経由でオートメーション化できるのです」
One%20Direction%20Visual%20Setup%203.jpeg
このツアー公演のためにATEM 2 M/E Production Switcher を導入した レヴィット氏は、 豊富な機能とコントロールパネルだけでなく、1ラインしかないビデオの遅延も重要な決め手だったと言う。「1フレから4フレくらいの遅延がある他のスイッチャーと比べてとても速く、ATEMの大きな利点です」とレヴィット氏は結んだ。