8Kスーパーハイビジョンが
東京国際映画祭のスクリーンで観られる!


第26回東京国際映画祭では特別企画として「8Kスーパーハイビジョン・スペシャル・プレゼンテーション by TIFF×NHK」上映会を開催する。


8KTIFF.jpg
「8Kスーパーハイビジョン」は、4Kの4倍・現行ハイビジョンの16倍もの超高精細画像と22.2マルチチャンネル音響による、次世代テレビのための超高臨場感システムで、日本では、2016年に実用化試験放送、2020年に本放送の開始を目指している。
この新しいテクノロジーを、映画をはじめとする幅広い映像業界関係者に知ってもらうため、東京国際映画祭の特別企画として上映会を実施する。
主催:NHK・東京国際映画祭
※入場無料(入替制)
開場は各回上映15分前
上映日:10/18(金)、19(土)、20(日)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ Screen3
上映プログラム&スケジュールはこちらから