【InterBEE2013】 モニター兼RAWレコーダーのOdyssey7


実は結構インパクトがあったのだが、レポート掲載は後になってしまったのがConvergent Design(コンバージェントデザイン)のOdyssey7Qだ。


CD01.jpg
 このOdyssey7Qは4月のNABで発表され、すでに2013年7月号の別冊付録カタログでも紹介しているもの。各種4Kカメラと組み合わせてRAW収録ができる7.7インチフィールドレコーディングモニター。RAW記録は専用のSSDメモリーカードに記録。RAW記録は別売のソフトウェアのライセンスオプションになっており、本番で使用するときだけライセンスを支払えばいいというもの。テスト使用が可能で、その場合はdemo modeというウォーターマークが映像に記録されるものの記録とワークフローの検証が可能。別売オプションは、HD/2K RAW、キヤノンのEOS C500 Raw、ALEXA ARRIRAW、4本の独立したビデオストリームを4つのDNxHDファイルに記録するQuad -Stream HD、ソニーFS700 RAW。ただしソニーRAWは現状では認可されていないという。FS700 RAWは、HD/2K RAWが240fpsまで、QHD/4Kが30fpsまでとなっている。本体は2295ドル、日本でも20万円台で買えるという。 記録メディアは専用のSSDで、2スロットを用意。240/480/960GBの3種類。標準の記録方式は、DNxHDコーデック(36~220Mbps)で、1080/60p60i(.movフォーマット)。記録時間はDNxHDの220Mbpsで1100分(960GB)、Canon 4K RAW 60fpsでは45分となっている。 
CD02.jpg
 モニターとしても実用的。7.7インチのOLEDで画素は1280×800。LUTは、ARRI、キヤノン、ソニーをサポート。モニター機能として、フォーカスアシスト、フォールスカラー、波形モニター、ヒストグラム、1:1ピクセルモードなど充実している。
 
CD03.jpg
ソニーFS700Rと組み合わせるとモニター兼用のシンプルなRAWレコーダーが実現する。ぜひ期待したいところだ。ちなみにバッテリーはオプションのプレートでソニーLバッテリーも使えるという。
●過去のInterBEEレポート一覧はこちら
http://www.genkosha.com/vs/report/interbee/