パナソニックから「ワイプ撮り」が可能な 二眼ビデオカメラHC-W850Mが登場


W850M_W_slant.jpg
パナソニック
HC-W850M
オープン価格(推定11万円前後)
2月20日発売予定

液晶にはPinPの子画面専用のサブカメラを搭載

jn140109-1-2.jpg
 パナソニックは液晶にサブカメラを搭載し、ワイプ撮り(PinP撮影)が楽しめる二眼式ビデオカメラHC-W850Mを発表した。サブカメラの撮像素子は1/4型MOS(F2.2)。焦点距離は35mm換算37.2mmで最短撮像距離は約30cmとなる。解像度はWVGA(800×480ピクセル)となる。メインカメラとサブカメラの映像はそれぞれ独立して保存することはできず、サブカメラはあくまでPinPの子画面専用となる。子画面の表示位置は画面四隅のいずれかを選択でき、画面サイズは大小の二段階で設定できる。
 850Mには新開発の「4ドライブレンズシステム」が採用されており、コンパクトな筐体に1/2.3型MOSセンサーを搭載し、レンズサイズを大型化することなく高倍率ズームを実現する。コンパクトながら光学20倍のズームレンズ(F1.8~3.6)を搭載し、35mm換算の動画撮影時焦点距離は29.5~612mmとなる。画質劣化の起こらない超解像ズーム(iAズーム)では50倍の望遠撮影を楽しめる。
 また、撮像素子は新開発の1/2.3型裏面照射MOSセンサーを採用。画素数は1276万画素、動画有効画素数は603万画素。1画素一つひとつのセルサイズは従来機のV720Mに比べ35%拡大し、感度もアップしており、暗所撮影時の性能も向上しているという。画像処理エンジンも刷新されており、従来比約20%の低ノイズ化に成功している。エンジン性能の向上により、フルHDでの1/4倍スローモーション撮影にも対応する他、人気の傾き補正は、OFF/ノーマル/強の三段階で調整ができるようになった。

自動追尾やスマホ操作に対応したパン・チルトクレードルも


VW_CTR1.jpg
 ビデオカメラとUSB接続で使用するパン・チルトクレードルVW-CTR1-Kの価格は1万7千円前後。電源は単三電池もしくはAC電源に対応する。可動範囲は左右それぞれ180度、上下それぞれ約15度。被写体の顔や動きを検知して、パン・チルト、ズームなどの自動追尾撮影が可能になっている。こちらは、W850Mの他V750M、V550M、V230Mで使用可能。ただし、V230Mのみスマホ操作には非対応となる。
 スマホやタブレットで操作できる無償アプリPanasonic Image Appも連続撮影した静止画をコマ撮り動画風に再生できる「かんたんコマ撮りモード」や赤ちゃんの泣き声を検知し、離れた位置にいるお母さんのスマホにプッシュ通知できる「ベビーモニター」、撮影した動画から自動で組み写真が作れ、SNSへ投稿できる「おまかせフォトコラージュ」などの機能が追加される。


■製品情報
http://panasonic.jp/dvc/w850m_v750m/