パナソニックが
新開発4Kスーパー35mm MOSセンサーと
「AVC-ULTRA」4Kコーデックを搭載した
「VARICAM 35」をNABに出展予定


パナソニックは、NAB2014前の北米販売会社発表で、新開発スーパー35mm MOSセンサーと同社独自の「AVC ULTRA」映像コーデックファミリーを搭載した4Kカメラ/レコーダー「VARICAM(ヴァリカム) 35」(カメラモジュールユニットAU-V35C1G/レコーダーモジュールユニットAU-VREC1G)と、最大240fpsのHDハイスピード撮影に対応した2/3型3MOS搭載の「VARICAM HS」(カメラモジュールユニットAU-V23HS1G/レコーダーモジュールユニットAU-VREC1G)の概要を公開した。


4KカメラモジュールユニットAU-V35C1G  2014年秋
HSカメラモジュールユニットAU-V23HS1G 2014年秋
レコーディングモジュールユニットAU-VREC1G  2014年秋

VARICAM_HS_35_aW.jpg
「VARICAM 35」は4K(4096×2160、3840×2160)/2K/HDマルチフォーマットによる高画質撮影に対応し、ハイエンドの映画製作やライブイベント、CM、ドラマ収録に最適な4K撮影機材として、「VARICAM HS」はドキュメンタリー、スポーツ、スローモーション撮影用途などに提案していくという。本製品の商品化は2014年秋を予定している。
モジュラーシステムを採用し、4K撮影用カメラモジュールユニットAU-V35C1GとレコーディングモジュールユニットAU-VREC1Gをドッキングまたは分離して使用したり、同じく開発中の2/3型ハイスピード撮影用カメラモジュールAU-V23HS1Gと交換したりすることも可能。
レコーディングモジュールAU-VREC1Gは、制作用途によって選べる2種類のカメラヘッドの共用レコーダーとなる。4K RAW出力から2K/HD収録までの幅広い用途に「VARICAM 35」は対応する。ジブやクレーンに設置するなどリモートカメラとしての用途に対して、カメラモジュールとレコーディングモジュールとをアンビリカルケーブルで延長して接続することにより、フレキシブルに対応することが可能。
なお、本製品は全米国際放送機器展「2014 NABショー」(ラスベガス/4月7日~10日)において、同社ブース(LVCC/セントラルホールC3607)に動作サンプルを展示する予定。

新開発4Kスーパー35mm MOSセンサーを搭載した「VARICAM 35」


VARICAM_35_3_a_w_logoW.jpg
「VARICAM 35」用カメラモジュールユニットAU-V35C1Gは、PLマウントを採用し、4K(4096×2160/3840×2160)撮影が可能な新開発スーパー35mm MOSセンサーを搭載。「AVC-ULTRA」 4Kコーデックを搭載するレコーディングモジュールAU-VREC1Gとの組み合わせにより、管理しやすく実用的なファイルサイズでの4K収録が可能になる。新開発MOSセンサーは14ストップのラティチュードを誇り、ハイコントラストでワイド・ダイナミックレンジな高画質4K撮影が可能。最大120fpsのVFR(可変フレームレート)撮影に加え、マスターレベルの2K/HD記録機能にも対応するなど業界最高レベルの撮影機能を搭載。カメラ内蔵オンセットカラーグレーディング機能と、プレビュー/編集を容易にする4K、2K/HDにあわせてプロキシーファイルを三種同時記録するマルチコーデック記録機能による先進のワークフローを実現する。さらに、マスターグレードの音声収録のために24ビットLPCM記録に対応。

最大240fpsのハイスピード1080p撮影が可能な「VARICAM HS」


VARICAM_HS_1_aW.jpg
「VARICAM HS」用カメラモジュールユニットAU-V23HS1Gは、2/3型バヨネットマウントを採用し、1080P撮影が可能な新開発の高感度220万画素3MOSセンサーを搭載。2014年度のエミー賞を受賞した「CAC(色収差補正)機能」を実装し、レンズ自体で補正しきれないわずかな色収差などが主な原因で発生するレジストレーションエラーをカメラレコーダー本体にて自動的に補正することで、プライムレンズに近い映像がENGズームレンズで得られる。
  
レコーディングモジュールAU-VREC1Gとの組み合わせにより、従来の「AVC-Intra」コーデックに加え、「AVC-ULTRA」コーデックファミリーの「AVC-Intra Class4:4:4」(12ビット4:4:4、30P/25P/24P)や「AVC-Intra Class200」(10ビット4:2:2、60i/50i/30P/25P/24P)によるマスターグレードHDプログレッシブ映像の収録が可能に。
また、VARICAMの名称の由来となるVFR(=Variable Frame Rate/可変フレームレート)機能も強化。「AVC-Intra Class100」時、最大240fpsのVFR撮影が可能になる。24p基準時最大10倍速、30p(60i)基準時でも最大8倍速のハイスピード撮影が可能で、スポーツやSFX撮影用途に威力を発揮する。さらに、従来のVARICAMから継承されたシネガンマ(F-REC/V-REC)に加え、LOGの記録にも対応している。

「AVC-ULTRA」コーデック体系・新開発「expressP2カード」対応、共用レコーディングモジュール


VARICAM_35_3_W_Panel_aW.jpg
レコーディングモジュールAU-VREC1Gは幅広い用途に対応できる「AVC-ULTRA」コーデックファミリーを搭載し、 4K(4096×2160/3840×2160)は「AVC-Intra Class4K」(AU-V35C1Gとの組み合わせ時のみ)、2K(AU-V35C1Gとの組み合わせ時のみ)とHDは「AVC-Intra Class100/200※」での記録フォーマットに対応に加え「AVC-Intra Class4:4:4」に対応しています。本制作用の4K、2K、HDフォーマットと平行して高速ファイル交換、高効率なオフライン編集を可能にする高解像度プロキシーファイル(1.5 Mbps ~ 6 Mbps)を同時にエンコードする。メタデータ管理やプロキシーストリーミングのためのワイヤレス・ワークフローにも対応する予定。
新VARICAMのレコーディングモジュールでは、4K収録(AU-V35C1Gとの組み合わせ時のみ)およびVFRハイフレームレートモード時の高ビットレートデータ収録用に新開発の「expressP2カード」を使用する。メモリーカードスロットを「expressP2」「P2カード」兼用×2、「microP2カード」用×2の計4基を装備している。「expressP2カード」には、4K/24p映像を最大130分まで収録することが可能。「microP2カード」は従来の収録フォーマット(2K/HD、60pまで)で使用する。
AU-V35C1Gとの組み合わせ時、4K Quad出力(3G SDI×4)もしくはRAW出力、モニター出力(4K-HDダウンコンバート、HD SDI×3)、および48kHz 24ビットオーディオ(4CH)用XLR入力×2などの業務用インターフェースを装備している。レコーディングモジュールにカメラモジュールをドッキングするためのマルチコネクターを装備。その他、カメラがジブ等に固定されている場合にリアルタイム制御を容易にするため、リムーバブル・コントロールパネルを採用した。

4K/ハイフレームレート映像記録用「expressP2カード」


また同時発表として、4K映像とハイフレームレート映像を記録するためのプロ用次世代記録メディア「expressP2カード」と「expressP2ドライブ」もアナウンスされた。
「expressP2カード」は同社が現在開発中の4Kカメラ/レコーダー「VARICAM 35」およびHDハイスピードカメラ/レコーダー「VARICAM HS」の記録メディアとして使用される。現在、2014年秋の商品化をめざして開発中。
expressP2W.jpg
「expressP2カード(256GB)」AU-XP0256AGは、「VARICAM 35」の4K映像(最大120fps)と「VARICAM HS」のHDハイフレームレート映像(最大240fps)の書き込みを保障している。
新カードは従来の「P2カード」と同一の幅・長さで、厚みが1.5倍になっている。
「expressP2カード」は、最大2.4 Gbpsの高速転送と、一般的なフラッシュメモリの誤り訂正では訂正できないセクター/ページ/ブロックの誤りデータを復活させるRAIDシステム同等の信頼性を実現していおり、さらに、CPS(Content Protection System)によりカードへのアクセスをパスワードで保護し、よりセキュアな運用も可能となっている。
同時に商品化を予定している「expressP2ドライブ」AU-XPD1は、USB3.0(Type B)インターフェイスを搭載し、最大2.4GbpsでexpressP2カードからデータを高速転送することが可能。「expressP2カード」と従来の「P2カード」両方に対応するカードスロット(×1)を搭載しています。OSは、Windows8.1/8/7、MAC OS X 10.7/10.8/10.9に対応している。