HD映像のネットワーク転送対応P2HDカメラ、
パナソニックAJ-PX270


パナソニック株式会社は、HD映像のネットワーク転送に対応したP2HDハンドヘルド・カメラレコーダーAJ-PX270を2014年3月に発売する。
AJ-PX270_01W.jpg
パナソニック
メモリーカード・カメラレコーダー
AJ-PX270
680,000円


本機は最新の放送用テクノロジーである、マスターグレードからネットワーク転送用の低ビットレートまでサポートする高画質コーデック体系「AVC-ULTRA」と、「microP2カード」に対応。デザインも一新し、放送用ショルダーマウント型カメラの操作性を継承するなど、卓越した操作性を持つハンドヘルドHDカメラ。
LAN端子を標準装備しネットワーク機能に対応。ワイヤレスLAN接続もオプション(別売品:ワイヤレスモジュールAJ-WM30)でサポートする。ワイヤレス接続によりモバイルルーターやテザリング機能付携帯電話を介して、記録済みのHD映像や同時に記録される低ビットレートのプロキシー映像(HD/SD)をファイル転送することが可能です。今後、通信キャリア各社から提供されている4G/3Gデータ通信モジュール(USBタイプ)にも対応する予定。
これらの通信機能により、一刻を争うニュース取材の場合でも従来のように記録メディアの到着を待つ必要はなく、ファイル転送された映像データで編集を開始することができる。また、海外取材などの遠隔地での撮影データも、国内のプロダクションからプロキシー映像で確認、先行して編集作業を開始することが可能。取材からオンエアまでの放送ワークフローの高速化やプロダクション業務の効率化を実現する。
さらに、2014年秋には、ファームウェアアップデートによりHDビデオストリーム伝送にも対応する予定。
AJ-PX270_07W.jpg