WOWOWテニス中継の裏で活躍するブラックマジック製品


bmd20140602-01.jpg
 衛星放送局のWOWOWでは、加入者限定でWOWOWメンバーズオンデマンドというコンピューター、タブレット、スマートフォン向けに番組のインターネット配信サービスを行なっている。WOWOWメンバーズオンデマンドでは、オンデマンド配信のほかライブ配信もあり、同局の人気コンテンツのライブ配信においてブラックマジックデザインのTeranexとSmartVideohubが使用されている。
 WOWOWで放送している人気コンテンツのひとつにテニスのグランドスラムがあり、全豪オープンテニス、全仏オープンテニス、ウィンブルドンテニス、全米オープンテニス4のつのトーナメントを放送している。現地では複数のテニスコートで同時に試合が行われているが、トップ選手や日本人選手を中心に試合をセレクトして放送している。さらに、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、放送試合および未放送試合をライブ配信するサービスも提供している(ウィンブルドンテニスを除く)。そのライブ配信用にTeranexとSmart Videohubルーターが使用されている。

Smart Videohubでセレクトしたフィードをネット回線で東京に送り、
Teranex 2D Processorでライブ配信用に映像を変換

bmd_20140602-02.jpg
「コンテンツを高画質、高音質に届けるというのが弊社のポリシーとしていますので、安価でかつクオリティの高いものがないかと探していた時に出会ったのがTeranexでした。」と話すのは、WOWOWの技術局制作技術部の石村孝之氏。
 「スポーツ番組は、変換の際に動きをきちんと補正できることも重要だったのですが、その点は問題ありませんでした。操作性も気に入っています。ボタンが前面に出ていて光るので使いやすいし、操作も簡単です。全豪オープンや全仏オープンでの1080/50iの素材を1080/59.94iの変換するのに使用しています。」
bmd_2014-03.jpg
 Smart Videohubをグランドスラムの現場に持ち込んで使用しているという。全コートのフィードをSmart Videohubに入力し、ライブ配信用にセレクトしている。50iのフィードはすべて59.94iに変換され配信される。
 
 「Smart Videohubでセレクトしたフィードを回線で東京に送り、全豪オープンテニスや全仏オープンテニスの試合では、さらにTeranexで50iから60iに変換して配信しています。現地のスタッフはBS放送のオペレーションで手一杯なので、現地のVideohubの出力をイーサネットを介して、東京から操作しています。SmartVideohubは、軽くて小さいので持ち運びやすい点も便利です。私のチーム以外にも別のチームも使っているので社内に3台くらいはあります。私にとっては、イーサネットで切り替えられることが、選択した決め手でした。これによって海外の回線でも日本から操作できるんです。」と石村氏は結んだ。