前モデルから5年、キヤノンEOS 7D MarkⅡが登場


 キヤノンからAPS-C機フラッグシップモデルとなるEOS 7D MarkⅡが発表された。
EOS7DMK203.jpg
 発売は11月上旬、直販価格はボディ単体がオープン価格(推定22万前後)EF24-70L IS USM レンズキットがオープン価格(推定26万円前後)、EF-S18-135 IS STM レンズキットがオープン価格(推定35万円前後)となる。

動画的な目玉は1080/60p対応、デュアルピクセルCMOS AFと常用ISO16000

 EOS 7Dから5年ぶりの後継機となるMarkⅡ。有効画素数は2020万画素。記録メディアは、CFもしくはSDでデュアルスロットを備える。インターフェイスはUSB3.0を採用する。スチル面では最大10fpsの高速連写やAF性能を向上させるとともにノイズ低減を図っている。
 動画面での注目ポイントとしては、デュアルピクセルCMOS AFにより、滑らかで高い追従性を持つ動画サーボAFが可能になった点。ライブ1点AFモード時対応レンズを装着した場合には、AFのスピードや反応の度合いをカスタマイズすることもできるようになった。また、EOSムービーとして初めて1080/60pに対応(ただし60p時は動画サーボAFは使用不可)。さらに記録モードも従来までのMOVに加え、対応プレーヤーが多く互換性の高いMP4記録にも対応した。スマートフォンなどでの再生を前提とした圧縮効率の高い軽量版の録画モードも用意された。もう一つ注目は、ISO感度が常用16000(前モデルでは12800)にアップしたこと。暗所でもノイズの少ない高感度撮影を実現するという。
 
インターバルタイマーを内蔵しレリーズなしにタイムラプス撮影を楽しめる。撮影位置記録やロガー機能、電子コンパスもなどの機能も搭載される。