ニコンからタッチパネル操作バリアングル液晶採用の
デジタル一眼レフカメラD5500登場


ニコンイメージングジャパンは1月14日、東京都内で発表会を開催し、ファミリー向けのニコンDXフォーマット(APS-C)デジタル一眼レフカメラ、D5500を発表。同時に、新CMキャラクターとして小栗旬さんを起用したことを発表。新CMを公開するとともに、小栗旬さんも発表会場に来場し、新CM制作の裏話などを披露した。


D5500_02.jpg
▲新CMキャラクター、小栗旬さん(右)とニコンイメージングジャパン社長、五代厚司氏。
●D5500 18-55 VR IIレンズキット オープン価格(10万円前後) 2月5日発売予定
●D5500 18-140 VR レンズキット オープン価格(13万円前後) 2月5日発売予定
●D5500 ダブルズームキット(AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II、AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR付き)  オープン価格(13.5万円前後) 2月5日発売予定

D5500_BK_18_55_%E2%85%A1_frttop.jpg
D5500はファミリー向けを打ち出し、前モデルよりも小型軽量を図った。バリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラとしては、世界最小最軽量を実現したという。薄型ボディと深いグリップにより、ホールド感を高めた。たしかに持ってみると、想像以上に軽く感じる。
 有効画素数2416万画素、画像処理エンジンEXPEED4、ニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、従来モデルよりも高感度時の画質も向上させている。
 タッチパネル操作が可能なバリアングル液晶モニターは、ニコンデジタル一眼レフとしては、はじめてタッチパネルを採用。タッチFn(ファンクション)機能により、ファインダー撮影時に、ファインダーをのぞいた状態で液晶モニター画面に親指をスライドさせると、フォーカスポイントの移動などができる。機能は、ファインダー撮影時によく使用する8つの設定(フォーカスポイント移動、AFエリアモード設定、絞り設定、ISO感度設定等)の中から選択が可能。
D5500_BK_18_55_%E2%85%A1_LCD_4.jpg
 動画機能も割愛していない。フルHD(1920×1080)で60p撮影に対応。内蔵ステレオマイクでの録音だけでなく、別売のステレオマイク(ME-1)による録音も可能となっている。
 ライブビュー時の画面表示はINFOボタンを押すごとに様々なパターンを選択できるが、そのひとつの動画モード(画角が16:9になる)も用意されているので、たとえばPモードでスチルを撮影中でも画角を確認して動画RECボタンを押せるのがよい。バリアングル液晶モニター、60pとも合わせ、動画撮影に向いたデジタル一眼レフカメラと言えそうだ。
ニコンD5500 情報サイト