[ビデオSALON電子版のご案内]タブレットで
雑誌の電子版を試してみる


img_ebook201502_01.jpg

iPadなどのタブレットを持っていても、それで雑誌を読んだことがない人は案外多いかもしれません。

ビデオSALONの電子版はどんな感じで読めるのか、Fujisanの電子版を例に少しだけ紹介しましょう。

iPad miniでFujisanアプリを立ち上げて購入した雑誌を読む

img_ebook201502_02.jpg
img_ebook201502_03.png

今回はFujisanの電子版を読みますので、App StoreからダウンロードしたFujisan Readerアプリ※(もちろん無料)をタップ(指で一回タッチ)します。

※Fujisan Readerアプリ内で電子版の購入はできません。PCサイトで購入したものをアプリで読むことができます。電子書店によっては、アプリ内での購入が可能です。

img_ebook201502_04.png
購入した雑誌一覧。ビデオSALONの表紙がずらっと並ぶのは壮観です。
img_ebook201502_05.png
img_ebook201502_06.jpg
見たい号をタップするとまずは表紙が登場。フリック(横に指をスライド)すると、ページがめくれていきます。

サムネイルはパラパラめくる感覚

img_ebook201502_07.jpg
img_ebook201502_08.jpg

サムネイル機能は雑誌をパラパラめくる感覚とそっくりです。かなりレスポンスよく反応してくれますので、探しているページにすぐに辿り着きます。

ブックマークは栞がわり

img_ebook201502_09.png
img_ebook201502_10.jpg

☆マークをクリックするとブックマークとして保存され、いつでもそのページに飛ぶことができます。いわば栞がわりです。

点滅している画像をタップすると連動サイトへ

img_ebook201502_11.png

記事連動ムービーがあるコーナーは画像をタップするとビデオSALON.Webの該当ページが開いて動画(YouTube)が見られます。その連係の良さは、紙の雑誌にないメリットです。

目次から該当ページにジャンプできる

img_ebook201502_12.png

気づかない人もいるかもしれませんが、実は、目次の特集名などをタップすると、該当ページにジャンプすることができるのです。

ビデオSALON電子版は、富士山マガジンサービスZASSHI-ONLINE.COMMAGASTOREZINIOAmazon Kindle、yodobashi.com(予定)で税込800円でご購入できます。詳しくは玄光社eBOOKサイトまで。
http://www.genkosha.com/ebook/