JVC レンズ交換型4KカメラGY-LS300ファーストインプレッション


低予算の映画制作から、ハイアマチュア、オールドレンズファンまで
幅広く楽しめるレンズ交換型4Kカメラ

JVCケンウッドはこれまで、SDカード4枚で4K映像を分割収録するカメラ(GY-HMQ10)やニコンFマウントを採用した4Kカメラ(JY-HMQ30)など、常に独創的な発想とアプローチで独自の路線を歩んできた。今回発売になった4K対応カメラGY‐LS300も、スーパー35㎜センサー搭載でありながらマイクロフォーサーズ(MFT)のマウントシステムを搭載したり、独自開発のスキャンマッピング技術を採用するなど斬新なアイデアに溢れていてかなり興味深い。幸運にも発売前のデモ機を触る機会が得られたので、その時の印象をレポートしよう。
Report◎百瀬修司
撮影協力/杉友一樹 モデル/前田多美
GY-LS300WEB.jpg
JVC
GY-LS300

オープン価格(推定50万円前後)
3月下旬発売
●撮像素子:1350 万画素Super35mm Progressive CMOS ●レンズマウント:マイクロフォーサーズ規格●ND:OFF、1/4、1/16、1/64 ●記録メディア:SDHC/SDXC (4K:UHS-I U3 以上)●ビデオフォーマット:MPEG4 AVC/H.264(4K/HD/SD/Web)、AVCHD(HD/SD)●ファイル形式:MOV(H.264)、MTS(AVCHD)●LCDモニター:3.5 型 LCD、16:9 92 万画素 ●EVF:0.24 型 LCOS、16:9 156 万画素(960×540×3)●外径寸法:幅135 × 高さ191 × 奥行 359mm●質量:約 1.7kg (バッテリーSSL-JVC50 装着時)


ls300_01.jpg
▲センサーはスーパー35㎜サイズだが、レンズマウントはマイクロフォーサーズ。定評のあるオリンパスのマイクロフォーサーズ用レンズ、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40㎜F2.8 PROを装着。

カメラ部の基本機能

LS300はJVC独自開発による4K対応スーパー35㎜CMOSセンサーを搭載し、総画素数1350万画素、基準ISO感度400、ダイナミックレンジも最大12ストップを実現したという。大判センサーによる高画質で高感度、かつ浅い被写界深度でのボケ味を活かした映像表現が可能だ。
JVCが新たに開発した画像処理エンジンにより、4K(3840×2160)収録で30p/25p/24p、HD収録であれば60p/50pのフレームレートにも対応。記録レートは4Kで150Mbps、HDでは50Mbps(4:2:2)に対応。記録ファイル形式はH.264コーデックによるQuickTime(MOV)を採用し、HD解像度以下なら AVCHD(MTS)形式の選択も可能(ただし24p、25p、30pは選択できない)。
LS300_10.jpg
▲スーパー35mmセンサーを搭載し、マウントはアクティブ式のマイクロフォーサーズ。短いフランジバックの中に、回転式のNDフィルターも装填されている。

収録メディアはSDカード(SDHC/SDXC)を使用。他社のカメラで使用するCFastやXQDカードに比べてかなり経済的。ダブルスロットによる「連続記録」「同時記録」「バックアップ記録」と用途に合わせた収録方法が選べる。3G-SDI、HDMI端子からの外部出力が可能だが、4K信号はHDMIからのみ出力される。
4Kの画質は、スーパー35サイズのセンサーと150Mbpsという比較的高めの記録レートのおかげか、ノイズも少なく高品位。
ls300_03.jpg
▲ボディ部分は先行発売されたHM200とほぼ同じ。ハンドル部分は着脱可能で、装着部に接点が設けられ、音声や制御信号はケーブルレスでやりとりされる。
ガンマ設定は「スタンダード」と「シネマ」の2タイプのみ。「シネマ」はハイライトを抑え暗部が締まる、パナソニックのガンマ設定でいうところの「シネライクV」のようなコントラスト重視の設定。ダイナミックレンジを優先させてフラット調になる「シネライクD」のようなタイプやLog などのガンマ設定はない。カラーマトリックスは「スタンダード」「シネマ(和やか)」と「シネマ(鮮やか)」の3タイプから選べる。
LS300_05.jpg
▲カードスロットはデュアル。同時記録、連続記録、バックアップ記録に対応する。ちなみに4KとHDの同時記録はできない。
感度設定は基準感度ISO400(0dB)からISO6400(24 dB)までの13段階。ISO3200あたりから若干暗部のノイズが気になり始めるが、ドキュメンタリーなどの作品ならISO6400で撮影してもほぼ問題ないのではないだろうか。Loluxモードにすれば、ノイズは増えるがISO12800(30 dB)とISO25600(36 dB)までさらに上げることができる。NDフィルターはクリアー(OFF)、1/4、1/16、1/64の4ポジション回転式を搭載。
LS300_04.jpg
▲グリップはビデオカメラそのもので、ズームレバーも装備。オリンパスの電動ズームタイプのレンズ、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZは制御可能だった。

どうやってケラレを防ぐか?

スーパー35㎜センサー搭載のLS300は交換レンズマウントとしてマイクロフォーサーズシテムを採用している。アクティブ方式なので、豊富なマイクロフォーサーズのレンズ群を、絞りやフォーカスなどをカメラ本体から制御して使用できる。電子接点付きのマウントアダプターを使えば、キヤノンEFやニコンのGタイプなどマニュアルタイプ以外のレンズでも使用可能だ。
これまでマイクロフォーサーズマウントを採用したスーパー35㎜センサーサイズのカメラなどというものは存在しなかった。通常、マウント変換してマイクロフォーサーズ系レンズをスーパー35㎜センサーサイズのカメラに装着してもオーバーイメージサークルという状態になり、画面の周辺部分にケラレやにじみが生じてしまう場合が多いからだ。そこでJVCは使用するレンズのイメージサークルに合わせて撮像素子のスキャン範囲を任意に変更・選択することができるバリアブルスキャンマッピング(VSM)という技術を独自に開発。ケラレなどの問題を解消することに見事成功した。
LS300_MENY.jpg
▲VSMはメニューで設定し、実際の画面を見ながらケラレない範囲を設定することができる。

HDならスーパー16ミリ用レンズも使用可能に

4K収録時には、スーパー35㎜(100%)から4Kドットバイドット(86%)、MFT(80%)までのいくつかのサイズ選択が可能で、それぞれのレンズのイメージサークルの個体差に合わせて細かい設定ができる。さらにHD収録であれば、スーパー16㎜(52%)、HDドットバイドット(43%)までの選択が可能となるため、マウントアダプターさえあれば、スーパー16㎜用レンズやB4マウント(2/3インチ)のENG用レンズなど、マイクロフォーサーズより狭いセンサーサイズ用のレンズも使用することができる。様々な種類のレンズの中からその都度の撮影条件に合わせレンズ選択をすることができてひじょうに便利だ。
LENS.jpg
▲スーパー16㎜の使用レンズ:ソンベルチオCinor P 25㎜ F1.8。
アダプターを介してLS300に装着。

幅広い層に魅力的なカメラ

マイクロフォーサーズのレンズ交換式ビデオカメラというと、パナソニックのAF105を連想する人もいるだろう。AF105の4K後継機を待ち望んでいた人にとっては、このLS300がちょうどその代わりとなってくれることだろう。バリアブルフレーム機能や「シネライクD」ガンマ設定などはないが、低予算フィルムメーカーやハイアマチュア、さらにオールドレンズファンまでLS300に興味を持つ層はかなり多岐にわたるに違いない。
テスト映像はこちらから