ロケびより〜ロンサムビデオって何だ?


このところ気持ちのいい気候が続いています。
先週は、4月号から始まったふるいちさんの新連載「ロンサムビデオの流儀」の撮影。
ロンサムビデオといっても、意味がわからないかもしれませんが、
それも当然で、ふるいちさんの造語です。
基本的にひとりで撮影、編集するスタイルを、
さまざまな機材をピックアップしながら、紹介していこうということです。


チームで制作するプロでは思いつかないような機材の使いこなしを紹介していきます。
世の流れとしては、フォトグラファーのように一人で(せいぜい助手をつける)制作するスタイルは増えてきているようで、そういったスタイル向けの機材は、ここ数年かなり増えてきました。
先週の木曜日は神楽坂の公園で撮影。
FULU01.jpg
天気がよくてまったりした気分になりました。
FULU02.jpg
内容は連載を読んでいただくとして。
ロンサムビデオの流儀は一人で運ぶ、ということ。
三脚や移動撮影の機材、カメラがすべてひとつのパッケージに収まります。
なんとこんなスタイルで移動です。
FULU03.jpg
翌日は谷中。
FULU04.jpg
これもまた天気に恵まれ、
ふるいちさんも「楽しいなあ」とつぶやきながら、撮影していました。
わたしはその撮影スタイルを写真に撮るわけですが、だんだん乗ってきて、
カメラマン気分で、ふるいちさんにポーズをとってもらって撮影。
ちなみにこの帽子は、あまりに天気がいいので、谷中で買いましたが、
今日のスタイルにぴったり。
スタイルというのは機材選びや使いこなしだけでなく、服、帽子、カバンまで含めるという
方向になっていきそうです。
FULU06.jpg
新緑の季節で、常緑樹のくすのきも新しい葉が出て、黄緑色になり、
葉がまだ軽いせいか、風が吹くとさわさわと音をたてます。
その音も録音。
FULU05.jpg
大上段にかまえず、こういうビデオの楽しみ方もいいなあと思います。
この回の主人公は、ソニーのFS100なのですが、
5月20日発売の6月号に掲載されます。