還暦からのビデオ趣味


今年から、「還暦からのビデオ趣味」という連載をはじめています。
編集部が、60歳以上の大先輩方に、
どうしてもビデオにはまってしまったんですか、ということを
改めて訊きにいくというもの。


これが毎回、大変人生勉強になります。
記事になっているのはほんの一部ですが、
ビデオライフを話してもらうだけでなく、
その方の仕事人生から、仕事をやめてからの生活、
そしてこれからの目標を話してもらうわけで。
ビデオクラブやコンテストの発表会上でお会いすると、
作品のことは訊いても、そこまで立ち入ったことまでは聞きませんから、
旧知の間柄であっても、「え、そうだったの?」ということばかり。
今回取材した筒井さんも以前からお話しさせていただく間柄。
ダンディな方です。
TUTUI_W2.jpg
ウワサには聞いていましたが、こんなにすごいオーディオマニアだとは思いませんでした。
TUTUI_W1.jpg
アンプは左右高中低、それぞれ独立して駆動しているので6台。アンプ、スピーカーともに自作。レコードプレーヤーはドバイの放送局で使われていたものを落札したものだそうです。
(そのプレーヤーの写真も撮らせてもらったのですが、フォルダの中に見当たらない…残念)
もちろん、ホームシアター化されていて、プロジェクターは1世代前のJVCのD-ILAタイプ。
TUTUI_W3.jpg
筒井さん、今年は撮影から、編集、そして投影まですべて4Kにしたい、とのこと。
ひとまず撮影と編集の4K化は誰しも考えますが、
アマチュアであれば、まずは自分が楽しむことを考えるのは当然のこと。
75歳の方が、これほど4Kに熱くなっているのですから、
私も負けていられません。