カールツァイスのソニーEマウント用レンズ
Batisシリーズ


α7S、そして新発売されたα7R IIの登場で、動画ユーザーがEマウントレンズを使うケースがますます増えそうだ。カールツァイスでは、Eマウントのレンズラインナップを拡充しているが、この8月に新しいBatisシリーズが加わった。フルサイズをカバーし、かつAFにも対応する。85㎜F1.8の大口径中望遠レンズ、ZEISS Batis 1.8/85と、25㎜F2の広角単焦点レンズ、ZEISS Batis 2/25の2本。Eマウントムービーユーザーは気になるレンズだ。


ZEISS Batis 1.8/85
発売日:2015年8月20日(木)
希望小売価格(税別):140,500円
Batis_1.8%2085-3W.jpg
8群11枚の85㎜F1.8という中望遠レンズ。レンズは全てのEマウントカメラと互換性があり、高速で便利なオートフォーカスに加え防塵防滴効果がある。斬新な有機ELディスプレイからは撮影距離と被写界深度を読み取ることができる。最短撮影距離は0.8m、フィルター径は67㎜、質量475g。
ZEISS Batis 2/25
発売日:2015年8月6日(木)
希望小売価格(税別):151,000円
Batis_2%2025-3W.jpg
ディスタゴンと呼ばれるレトロフォーカス設計レンズで8群10枚。25㎜F2の明るい広角単焦点レンズ。オートフォーカス対応。こちらもレンズ鏡筒に有機ELディスプレイが設けられ、撮影距離と被写界深度が表示される。最短撮影距離は0.2m、フィルター径67㎜。質量335g。
カールツァイスのBatisシリーズのメーカー情報ページはこちら