DJIから手持ち3軸ジンバルDJI Osmoが登場!


 10月9日、DJIから手持ちタイプの3軸ブラシレスジンバルDJI OSMOが発表された。カメラ+ジンバル部、専用のハンドマウントのセットの価格が8万5千円(税別)になる見込み。出荷時期は10月中旬の予定。
dji_osmo.jpg
 映像のモニターはiPhone等のスマートフォンを利用する。デフォルトではカメラ・ジンバル部分は同社のドローンInspire 1でも使用されている4K撮影に対応したZenmuse X3が標準装備されるが、先日発表になったマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式空撮用4KカメラZenmuse X5やX5Rも装着することができるという。
dji_osmo2.jpg
 グリップには録画やジンバルのパン・チルト操作用のボタンを備える他、専用のスマートフォンにアプリDJI Goをインストールすると、リモート操作が可能になり、三脚等その他のマウントに固定して、少し離れた位置からでもカメラの調整ができるという。また、360°のパノラマ写真撮影機能やタイムラプス撮影機能なども備える。
osmo_sumaho.jpg
 スマートフォンホルダーの装着部。この他、別売アクセサリーの三脚、バイクマウント、延長アームなども用意される予定だ。
osmo_huzokuhin.jpg
 DJI Osmoの付属品一覧。

製品紹介ビデオ


製品紹介ビデオ。

DJI Osmoで撮影したプロモーションビデオ「Moment」。
●DJI Osmo製品情報
http://www.dji.com/ja/product/osmo