キヤノンから最新機能を盛り込んだ ミドルクラス一眼、EOS 80Dが登場


キヤノンEOSシリーズの中核部を担う新モデルとして、「EOS 80D」が登場する。発売予定日は3月25日、価格はオープン(ボディ:推定129,800円)。
EOS_80D_012.jpg
EOS_80D_001.jpg


80Dは従来機の70Dより基幹スペックや機能面で大きな進化を見せている。APS-Cセンサーは2420万画素となり、回路もDIGIC6へと発展。気になる動画能力はフルHDの60p記録対応になり、同時にタイムラプス動画やクリエィティブフィルター動画撮影、HDR動画撮影機能も持つなど大きく躍進した。細かい点では、これまで動画では1/30秒までしか設定できなかったシャッタースピードが1/25秒まで対応(23.98p・25p選択時)。
EOS_80D_M.jpg

動画記録時のAF性能が大幅に向上

AF面でもデュアルピクセルCMOS AFが全EF/EF-Sレンズ対応となり、フルHD60p撮影時も働く。動画撮影時のAF速度をコントロールできる動画サーボAFカスタム設定は10段階の調整に増え、これはフルHDの60p記録でも可能となっている(上位機の7D Mark Ⅱは現在非対応)。また、静止画におけるAF機能として、70Dの19点から45点へと測距点数が大幅アップしたオールクロス45点AFとなった。この45点測距点に最適化したAIサーボAFも強化し、被写体追尾時には被写体の色検知も行う(70D非搭載)。

新開発「ナノUSM」技術の新EFレンズも登場

キヤノンは、80Dとあわせて動画撮影性能を重視した新EFレンズもリリース(8万3000円、3月25日発売予定)。高速で滑らかなAF駆動を行える超音波モーター「ナノUSM」を新開発、これにより従来よりフォーカスレンズの駆動速度は最大で約4.3倍という。この新レンズ「EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM」と80Dの組み合わせは、ミドルクラスにはおさまらないAF性能を実現すると言える。
EF-S18-135mm_F3.5-5.6_IS_USM_Slant_without_cap.jpg
また、その「EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM」にこれも新開発の別売パワーズームアダプター「PZ-E1」(2万5000円、6月下旬発売予定)を装着することで、電動による滑らかなズーミングが可能となる。
%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC_PZ-E1.jpg
EOS 80D(ボディ)
●オープン価格(推定129,800円)3月25日発売予定
EOS 80D・EF-S18-55 STM レンズキット
●オープン価格(推定138,800円)3月25日発売予定
EOS 80D・ダブルズームキット
●オープン価格(推定166,800円)3月25日発売予定
EOS 80D・EF-S18-55 USM レンズキット
●オープン価格(推定176,800円)3月25日発売予定
EOS_80D_027.jpg
◎キヤノン<EOS 80D>Webサイト
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/80d/index.html