ソニーからエントリーモデルながら 実力派アクションカム新登場


ソニーからウェアラブルカメラ「アクションカム」のエントリーモデルが新登場。型番はHDR-AS50(ライブビューリモコン付きはAS50R)、3月4日発売予定。
HDR-AS50R_main2-Large.jpg HDR-AS50R_main3-Large.jpg
ハイビジョンモデルとなるが、エントリー機ながら中身はかなり本格派と言える。XAVC Sの50Mbps記録まで対応し、手ブレ補正も従来の入門機(AZ1)比で約3倍、補正力がアップしている。Bluetoothにも対応し、ライブビューリモコンやスマートフォンやタブレットからカメラの電源ON/OFFが可能に。手軽に電源の入り切りができるので、従来よりバッテリーの持ちが良くなりそうだ。
 水中用のハウジングも新型となって標準同梱される。60mまで防水OKで、特別設計のフラットレンズで水中でも精彩な画が撮れるという。型番はMPK-UWH1で単品販売もあり、価格は6,500円。
HDR-AS50R_main3_with_case-Large.jpg


また、撮影時に便利で一緒に使いたいライブビューリモコンも新型に進化。従来の腕時計型から汎用の形に変わり、約30%小型化をはたすと同時に各種アタッチメント(同梱)に対応することで使い勝手が抜群に向上。
HDR-AS50R_set-Large.jpg
▲新型ライブビューリモコンと付属アタッチメント(AS50R)
ライブビューリモコン本体にアタッチメントを付けることで、従来のように手首に巻いたり三脚ネジ穴や自転車のハンドル等に取り付けることができる。
HDR-AS50
●オープン価格(推定25,000円前後)3月4日発売予定
HDR-AS50R
●オープン価格(推定40,000円前後)3月4日発売予定
http://www.sony.jp/actioncam/products/HDR-AS50/