リコー、4K/30p撮影対応の アクションカメラWG-M2を発売


リコーイメージングは防水・耐衝撃性能を備えた4K対応アクションカメラ「RICOH WG-M2」を3月18日に発売する。色はオレンジとシルバーの2色。いずれもオープン価格でメーカー直販価格は税抜44,500円。


「WG-M2」は2014年10月に発売された「WG-M1」の上位機種にあたる。1/2.3型CMOSセンサーと35mm判換算約9mmの超広角レンズ、1.5型液晶モニターを搭載し、3840×2160/30p、1920×1080/60p・30p、1280×720/120p・60p・30pの動画撮影に対応。4K記録時のビットレートは100Mbpsになる。記録形式は映像がMPEG4 AVC/H.264のMOV、音声がPCMステレオ。1回の録画可能時間は最長25分または4GBまでで、microSD/microSDHC/microSDXCカードに記録する。
また、通常の動画撮影に加えて30倍/60倍/150倍速のタイムラプス動画、5分/10分/25分ごとにファイルを作成しながら録画するエンドレス録画、HD120fpsで撮影し30fpsで再生するハイスピード動画(1回につき4分まで)にも対応する。
画角は約151°のNarrowと約204°のWideの2種類を選択できるようになった。Narrow設定時には動画撮影専用の電子式手ブレ補正が適用可能。その他、録画開始・終了時にカメラが振動するバイブレーション機能、縦位置や逆さまに装着しても正位置で撮影できるカメラ姿勢切替機能、7種類のエフェクト動画機能などの新機能も追加されている。
本体はマイナス10℃の耐寒構造、高さ2mからの耐落下衝撃性能、IP6X相当の防塵性能を備え、付属の水中レンズプロテクターを装着すれば水深20mで約2時間撮影することができる。
さらに無線LAN機能を搭載し、専用のアプリ「Image Sync」をインストールしたスマートフォンやタブレットと接続すればライブビュー表示や撮影設定が可能になり、1080/30pと720/30p設定時のみ、記録中の映像をアプリ上でリアルタイムに確認しながら撮影することができる。
別売アクセサリーとしてカメラケース「O-CC163」(¥3,900)、プロテクタージャケット「O-CC1631」(¥3,200)を近日発売予定。
●WG-M2
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/wg-m2/