AJAがソニーの協力でHDBaseT統合の4Kカメラ
「RovoCam」を発表


AJA Video Systems 社は、同社初となるコンパクトなブロックカメラ「RovoCam」を発表した。ソニーの光学12 倍ズームレンズと超解像技術とを合わせることで最大 20 倍ズームが可能。高品質な UltraHD(4K) や HD 画像を撮影することができる。
 他のカメラとは異なり、非圧縮ビデオ、電力、ステレオオーディオ、RS-232 制御を最大 100m の CAT 5e/6 ケーブル 1 本で行える HDBaseT のインターフェイスと統合されているのが特徴。1 本のケーブル接続のみで上記の機能と電力を供給することができるので、設営やカメラのセットアップ、設置面積が簡略化できる。システムとしては、1 本の CAT 5e/6 ケーブルで非圧縮ビデオ、ステレオオーディオ、制御及び給電をサポートする HDBaseT 受信機が別売になる。


RovoCam : 350,000円
RovoRX-HDMI : 69,000円

RovoCam.png
RovoCam は、裏面照射型 CMOS センサーを採用したソニーの4K FCB-ER8300 ファンクションカメラブロックを中心に構成されている。堅牢性と耐久性を兼ね備えたアルミニウム外装。
小型で軽量なためどんな環境下でも簡単に取り付けることが可能。
一方で、受信機となる RovoRx-HDMI は、HDMI 出力を備えており、HDBaseT を介し、すべてのビデオ/オーディオ信号、電力、制御を提供する。USBポートは、ファームウェアアップデートと追加制御を行うためのもの。
RovoCamの詳しい情報はこちら