エスケイネット、デジタルサイネージに使える
4K/60p対応メディアプレーヤーを発売


エスケイネットはデジタルサイネージ端末として使える4Kメディアプレーヤー「SK-DSPS4K」を5月下旬に発売する。価格はオープンでsknet e-shopでの想定価格は税込79,800円。



SK-DSPS4K_2.jpg
「SK-DSPS4K」はAndroid OSを搭載したメディアプレーヤーで、マイクロSDカードスロット(最大32GB)経由か、2つあるUSB端子経由で映像を入力し、HDMI端子から最大解像度3840×2160/60pの4K映像を再生・出力することができる。縦型表示にも対応しており、縦型ディスプレイに合わせて画面の表示向きを90度、180度、270度に設定可能。また、無線LAN/有線LANでネットワークに対応しているため、業務用サイネージプレーヤーとして使う場合は自社でコンテンツ管理ソフトを開発・導入することにより、クラウド経由でのコンテンツの一括配信、スケジュール再生などを行うことができる。
外形寸法は幅149.9x高さ23x奥行き93mm、質量は約175g。
●製品ページ
http://www.sknet-web.co.jp/product/dsps4k/index.html